著者紹介

市川 慶

総合青山病院 眼科部長

2008年愛知医科大学医学部卒業。2008年4月より社会保険中京病院にて勤務を開始する。2010年より中京病院の眼科を担当。2013年7月からは岐阜赤十字病院眼科で診療・執刀を行う。2016年、Best of JSCRS(Cataract)受賞。2019年7月より総合青山病院にて眼科部長に就任。専門領域は白内障手術、眼形成。レーザー白内障手術、日帰り白内障手術執刀医として第一線で活躍している。

アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)、アメリカアカデミー眼科学会(AAO)、眼科手術学会、白内障学会、日本眼形成再建学会、日本涙道・涙液学会、眼感染症学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、米国白内障屈折矯正手術学会に所属。水晶体研究会世話人。

書籍

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

『「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版』

市川 一夫

市川 慶

自分の目に合う白内障手術とは? 約8万眼の白内障手術を行ってきた日本トップクラスの白内障専門医が徹底解説! 「レンズは何を選べばいいの?」 「手術に失敗したらどうする?」 「レーザー手術がいいっていうけれど本当?」 レーザー治療と超音波手術の違い、単焦点レンズ・多焦点レンズのメリット・デメリット…。後悔しないための白内障手術の知識が満載! 国内でポピュラーになりつつある白内障手術は、一人ひとりの目の状態によって治療法や治療手順の“正解"が異なります。白内障手術の基礎知識や、自分に合う眼内レンズの選び方など、「一生よく見える目」を手に入れるために必要な知識を丁寧に解説した一冊。 『一生よく見える目を手に入れる白内障手術』(2018年3月刊行)に最新手術機器や眼内レンズの情報を追加した改訂版。

書籍紹介

掲載記事

[連載]「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧