高血圧やアトピー…白内障手術で「思わぬリスク」がある持病

白内障手術は安全かつ高精度な治療技術が確立されています。しかし、高血圧や糖尿病、心疾患など、手術に影響を与えかねない「持病」があります。万が一のリスクを防ぎ、安全に手術を受けるには、どうすればよいのでしょうか。実際に多くの白内障手術を行っている現役眼科医が解説します。

【無料】メルマガ登録はコチラ

高血圧は内科医に相談…「持病」がある人の白内障手術

高血圧や糖尿病、心疾患といった持病を抱える人では、白内障手術を行うにあたって内科医への確認など、いくつか準備が必要になります。

 

高血圧で治療を受けている人は念のため、内科医に確認をして白内障手術を受けましょう。高血圧でもほとんどの場合、問題なく白内障治療を行うことができます。

 

ただ極端に血圧が高い人の場合、注意が必要です。手術当日に心理的な要因で血圧がさらに上がり、危険な状態に陥るリスクがあるからです。

 

内科医と相談して高血圧の治療を進めながら、手術の時期を決めるようにしましょう。また高血圧によって網膜や網膜の血管がダメージを受けている場合、その治療も必要になります。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

糖尿病は「手術中の低血糖」を防ぐ体調管理を

糖尿病は、白内障と深い関わりがあります。糖尿病によって糖尿病白内障が起こるリスクがあるほか、通常の加齢白内障でも糖尿病の人は進行が早くなります。定期的に眼科の診察を受け、手術時期を検討してください。

 

糖尿病で治療を受けている人は、やはり内科医に確認をとって手術を行います。手術中に低血糖にならないよう、手術前に食事を済ませておきましょう。

 

また糖尿病の合併症で恐ろしいのは、「糖尿病網膜症(もうまくしょう)」です。進行してしまうと失明につながるので、網膜症を発症しているときは、白内障手術の前に網膜症の治療を行います。ただし、水晶体の状態によって網膜症の治療ができないときは、白内障手術を先に行うケースもあります。

狭心症や脳梗塞…「血流を改善する薬」は一時停止

過去に脳梗塞や心筋梗塞などを経験している人では、血栓を溶かす薬(血栓溶解薬)や血液を固まりにくくする薬(抗凝固薬〔こうぎょうこやく〕)を服用している人が多くいます。そうした薬を飲んでいる場合、白内障手術の前は、薬の服用を一時停止してもらう場合があります。

 

通常の白内障手術の角膜切開では出血することはまずありませんが、手術の方法や執刀医の技術によっては出血する可能性があり、その際に血が止まらなくなるのを防ぐためです。

 

また狭心症や心筋梗塞の発作を起こしたことがある人は、手術中に発作を起こした場合に備え、舌下薬や貼付薬などの準備が必要です。

極めて稀でも…「アトピー皮膚炎」だと感染症のリスク

アトピー皮膚炎の人は、白内障手術にも細心の注意が必要です。アトピー体質の人はもともと網膜が弱く、網膜剥離を起こしやすいという特徴があります。定期的に眼科を受診し、網膜の状態を確認するようにしておいてください。白内障手術の間も常に網膜の状態をチェックしながら、慎重に治療を進める必要があります。

 

また、まぶたや目の周りに皮膚炎があると、かゆみでついこすってしまい、感染症を起こしたり、眼球を傷つけたりしがちです。私たちのグループでは、2001年から19年間で、20万眼以上の白内障手術を行っていますが、感染症を起こしたのはわずか4眼。4眼のすべてがアトピー皮膚炎の患者でした。

 

この事実を踏まえると、事前の治療はとても重要であることが分かるでしょう。可能ならば、手術前にアトピーの治療を行っておくと安心です。

「緑内障」は白内障手術と一緒に治療可能

緑内障がある人は、検査時の散瞳薬の使い方などにも注意が必要になります。眼科医の指示に従って検査や治療を進めましょう。

 

また緑内障と白内障を併せ持つ人に対しては、最近新しい治療法がいくつも登場しています。たとえば、2010年に厚労省が認可した「トラベクトーム」という装置を用いた手術は、従来の緑内障手術よりも目への負担が圧倒的に少なく、特に白内障手術・眼内レンズ挿入と組みあわせて行うことで、眼圧下降効果が高まります。

 

また2016年には「アイステント」という器具を使った緑内障手術が認可され、白内障との同時手術が保険適用になっています。

 

こうした治療を希望する場合は、これらの装置の取扱いライセンスを持つ医師・医療機関をインターネットなどで調べて相談するといいでしょう。

 

 

市川 一夫

日本眼科学会認定専門医・認定指導医、医学博士

 

市川 慶

総合青山病院 眼科部長

 

 

↓コチラも読まれています 

年収1600万円の医師…結局5分の1が「税金」に消えている衝撃

 

医師ほど収入減の時代…「開業して年収1億円以上」の現実味

 

年収1000万円の独身医師が「不動産に1億円」突っ込んだら…

 

2年で資産10億円…年収1500万円勤務医の「ストイック生活」

 

【医師限定】勤務医のための「はじめての不動産投資」

株式会社中京メディカル 代表取締役 日本眼科学会認定専門医・認定指導医
医学博士

1978年愛知医科大学医学部医学科卒業。83年、名古屋大学大学院医学研究科博士課程外科系眼科学修了。社会保険中京病院眼科医長、主任部長を経て現在眼科顧問。眼科医療の世界では一人の医師が行う白内障治療手術の平均が年間200~300眼程度とされる中で、今でも年間3,000眼以上を執刀し生涯執刀数は80,000眼を超える。

94年、中京病院を中核とするクリニックグループを支援する株式会社中京メディカルを設立し眼科専門医の指導育成にも尽力する。ライフワークともいえる色覚研究歴は42年。83年より白内障治療における色覚の補正に着目し、世界初の着色眼内レンズを開発して商品化する。

92年、米国ASCRS(American Society of Cataract and Refractive Surgery)のフィルムフェスティバルにて“Natural View IOL(NV-IOL)and chromatopsia”(着色眼内レンズ)の題名で1st prizeを獲得。92年から日本臨床眼科学会にて色覚インストラクションコースを担当。2020年から公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会の理事長に就任。現在色視力の測定装置を開発し、色視力の普及にも尽力している。

公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)理事長/ヨーロッパ眼科学会(ESCRS)会員/アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)会員/アメリカアカデミー眼科学会(AAO)会員/日本産業・労働・交通眼科学会理事/日本眼科学会専門医制度認定指導医/日本臨床眼科学会専門別研究会「色覚異常」世話人/中京グループ会長/医療法人いさな会中京眼科視覚研究所所長/JCHO中京病院眼科顧問

著者紹介

総合青山病院 眼科部長 

2008年愛知医科大学医学部卒業。2008年4月より社会保険中京病院にて勤務を開始する。2010年より中京病院の眼科を担当。2013年7月からは岐阜赤十字病院眼科で診療・執刀を行う。2016年、Best of JSCRS(Cataract)受賞。2019年7月より総合青山病院にて眼科部長に就任。専門領域は白内障手術、眼形成。レーザー白内障手術、日帰り白内障手術執刀医として第一線で活躍している。

アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)、アメリカアカデミー眼科学会(AAO)、眼科手術学会、白内障学会、日本眼形成再建学会、日本涙道・涙液学会、眼感染症学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、米国白内障屈折矯正手術学会に所属。水晶体研究会世話人。

著者紹介

連載「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術

※本連載は、市川一夫氏・市川慶氏の共著『「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

市川 一夫

市川 慶

幻冬舎メディアコンサルティング

自分の目に合う白内障手術とは? 約8万眼の白内障手術を行ってきた日本トップクラスの白内障専門医が徹底解説! 「レンズは何を選べばいいの?」 「手術に失敗したらどうする?」 「レーザー手術がいいっていうけれど本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧