いよいよ今週末【8/7(土)開催】大人気セミナー「フィリピン永住権」取得術…さらに株式・不動産など最新投資機会を一挙紹介

熟練医師がレーザー白内障手術を「90点止まり」と言う理由

「白内障手術は最新のレーザーがオススメ」。そんな風に聞いたことはありませんか? しかしベテラン執刀医の筆者は、従来の手術と比べて「レーザーは90点止まり」と語ります。白内障は誰もがかかる病気で、80歳代になればほぼ100%の確率で発症すると言われています。誰しも一度は手術を検討することになるでしょう。そこで今回は、事前に知っておきたいレーザー白内障手術のメリット・デメリットを解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

 

【まとめ】「医師×節税」の人気記事はコチラ>>

近年「レーザーを使った白内障手術」が増加

最近、白内障手術の中でも数が増えてきているのが、レーザーを使った白内障手術です。フェムトセカンドレーザーという特殊なレーザーを照射する機械を使って、白内障手術の主要な部分を行うものです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

アルコン社「LenSx®」という手術機器はFDA(アメリカの厚生労働省)認可の製品で、世界70ヵ国以上で1000台以上が使用されており、施術実績はすでに100万症例以上に上ります(図表1)。日本でも私のクリニックグループをはじめ、一部の医療機関が導入しており、白内障手術の実績が増えつつあります。

 

[図表1]アルコン社「LenSxⓇ」

ベテラン医師でなくても「80点~90点の手術」が可能

このレーザー白内障手術が優れているのは、正確な施術ができることです。

 

白内障手術のうち、レーザーで行うことができるのは角膜切開、前嚢切開、水晶体分割、角膜減張切開(乱視矯正)といった切開の部分ですが(図表2)、これらの一つひとつのプロセスを正確に行えるのが特徴です。そのため角膜内皮障害や褐色白内障、チン氏帯が弱くなっている場合など、精巧な技術が必要な特殊な例に関しては、レーザーを選択したほうがよいでしょう。

 

[図表2]レーザー白内障手術①

 

水晶体を包んでいる前嚢の切開でいえば、通常の手術で正確な円に切開するには熟練の技術が必要です。ある程度実績のある眼科医でも、患者の眼の状態などによって、いつも同じように切れるとは限りません。その点、レーザーであれば、いつも同じように高水準の切開ができます。

 

極端にいえば、少々腕の劣る医師でもレーザーを用いれば、いつでも80点、90点という精度の高い施術ができるということです。

 

特に、遠くにも近くにもピントがあう「多焦点眼内レンズ」や、乱視を矯正する「トーリック眼内レンズ」などの高機能眼内レンズを使用するときは、正確な施術が必要になるため、レーザー白内障手術のメリットは大きいといえます。

逆に言えば「90点止まり」…ベテラン医師が勝る部分

ただし、レーザーにもやはりデメリットがあります。

 

わかりやすい点としては、施術にレーザーによる眼の計測なども含まれるので、通常の手術よりも手術時間が長くなることです。レーザーのセットをするだけで10分以上かかることもあるため、手術に習熟した医師がレーザーではなく手技で手術をすれば、レーザー機械をセットしている間に手術がすべて終わります。

 

また切開の精度という点でも、実はレーザーはベテランの医師の域にはまだ及びません。レーザーは小さな点で切開をするため(図表3、4)、切り口を拡大すると、郵便切手の端のようなギザギザになっています。

 

[図表3]レーザー白内障手術②

 

[図表4]レーザー白内障手術③

 

切り口がなめらかで、なおかつ眼内レンズを入れた状態で真円になるようなベテラン医師の「100点満点」の切開は、レーザーにはまだ望めない状態です。そこが、私が「90点止まり」と判断する理由です。

場合によっては100万円以上も…レーザー手術は高額

もう一点問題なのは、レーザー白内障手術の治療費が一般に高額になることです。医療機関によってもかなり差がありますが、保険適用の眼内レンズを入れて片眼十数万円といったケースから、眼内レンズも含めて完全自費で片眼50~80万円、なかには100万円を超える例もあります。

 

しかしこれほど費用をかけても、眼内レンズの選択や屈折の調節のしかたなどによっては、必ずしも満足のいく仕上がりになるわけではないことを、知っておいてほしいと思います。

 

最近では、ZEPTO(ゼプト)と呼ばれる新しい手術機器も登場しています。水晶体の白濁が進んでいる、角膜に濁りがあるといった難しい症例の場合、レーザーでは前嚢切開ができないことがありますが、ZEPTOではそうした難しい症例でも優れた威力を発揮します。ただし自費診療でZEPTOを使用する場合、レーザーより多少安いとはいえ、手術費用は高くなります。

 

ちなみに私のクリニックグループでも、難しい症例に対してのみZEPTOを用いた白内障手術を行っていますが費用は保険診療の場合と同額で対応しています。

 

[図表5]レーザーと超音波乳化吸引術の比較

「術式」と「眼内レンズの種類」の選び方が金額を左右

ここで一般的に白内障手術の治療費についても、確認しておきましょう(⇒【画像】手術料金比較表)。

 

手術にかかる費用は、大きく分けて手術前後の検査などの費用と、手術費用の2つがあります。手術費用には眼内レンズの費用も入るため、眼内レンズの種類によって手術費用も大きく変わってきます。

 

治療費は医療機関によっても、手術の内容によっても異なりますが、およその目安は次のようになります。

 

<保険適用の眼内レンズの手術は片眼6~7万円(3割負担)>

一般の会社員など健康保険3割負担の場合、手術前・手術後の検査にかかる費用は2万円前後です。手術費用は、保険適用の単焦点眼内レンズの場合、片眼で4~5万円ですから、合計6~7万円が目安です。両眼の手術では12~14万円ほどになります。70歳以上で1割負担の方では片眼で総額2万円、70~74歳で2割負担の場合、総額4万円ほどが一般的です。

 

保険診療の白内障手術で、一定の自己負担限度額を超えた場合、「高額療養費」の申請をすれば、限度額を超えた分はあとで払い戻しされます。限度額や申請の方法は、病院の医療相談室や自治体窓口などで確認してください。

 

<厚労省承認の多焦点眼内レンズの手術なら片眼25〜40万円>

多焦点眼内レンズで、厚労省の定める「選定医療」認定のあるものは、レンズ代以外の手術費用と、検査費用は保険診療と同額になります。

 

ただし、この制度は登録制です。先進医療を実施していた医療機関すべてが登録している訳ではなく、基準も先進医療の際よりも緩和されています。

 

<多焦点眼内レンズで、選定医療認定でないものは片眼50万円>

多焦点眼内レンズの中で、選定医療の認定のないものは、検査から手術まで全額が自己負担になります。そのため手術にかかる費用は片眼で総額50万円〜80万円、両眼で100万円以上かかるケースが多くなっています。

迷ったら「保険診療の単焦点眼内レンズ」がオススメ

白内障手術をするにあたっては当然、費用の問題は無視できません。ですから、費用と希望するライフスタイルや必要な視機能をよく考えたうえで、もっとも適した手術法や眼内レンズを医師と相談して決めるようにしてください。

 

私自身は、迷うようなら「保険診療の単焦点眼内レンズ」でまず治療することをお勧めしています。

 

最近では、必要に応じて2枚目の眼内レンズを入れて、視機能を補うこともできるようになっていますし、その人の生活にあったピントの位置、広さを設定すれば、保険診療の手術でも十分満足な結果が得られるようになっています。

 

 

市川 一夫

日本眼科学会認定専門医・認定指導医、医学博士

 

市川 慶

総合青山病院 眼科部長

 

 

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

株式会社中京メディカル 代表取締役 日本眼科学会認定専門医・認定指導医
医学博士

1978年愛知医科大学医学部医学科卒業。83年、名古屋大学大学院医学研究科博士課程外科系眼科学修了。社会保険中京病院眼科医長、主任部長を経て現在眼科顧問。眼科医療の世界では一人の医師が行う白内障治療手術の平均が年間200~300眼程度とされる中で、今でも年間3,000眼以上を執刀し生涯執刀数は80,000眼を超える。

94年、中京病院を中核とするクリニックグループを支援する株式会社中京メディカルを設立し眼科専門医の指導育成にも尽力する。ライフワークともいえる色覚研究歴は42年。83年より白内障治療における色覚の補正に着目し、世界初の着色眼内レンズを開発して商品化する。

92年、米国ASCRS(American Society of Cataract and Refractive Surgery)のフィルムフェスティバルにて“Natural View IOL(NV-IOL)and chromatopsia”(着色眼内レンズ)の題名で1st prizeを獲得。92年から日本臨床眼科学会にて色覚インストラクションコースを担当。2020年から公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会の理事長に就任。現在色視力の測定装置を開発し、色視力の普及にも尽力している。

公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)理事長/ヨーロッパ眼科学会(ESCRS)会員/アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)会員/アメリカアカデミー眼科学会(AAO)会員/日本産業・労働・交通眼科学会理事/日本眼科学会専門医制度認定指導医/日本臨床眼科学会専門別研究会「色覚異常」世話人/中京グループ会長/医療法人いさな会中京眼科視覚研究所所長/JCHO中京病院眼科顧問

著者紹介

総合青山病院 眼科部長 

2008年愛知医科大学医学部卒業。2008年4月より社会保険中京病院にて勤務を開始する。2010年より中京病院の眼科を担当。2013年7月からは岐阜赤十字病院眼科で診療・執刀を行う。2016年、Best of JSCRS(Cataract)受賞。2019年7月より総合青山病院にて眼科部長に就任。専門領域は白内障手術、眼形成。レーザー白内障手術、日帰り白内障手術執刀医として第一線で活躍している。

アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)、アメリカアカデミー眼科学会(AAO)、眼科手術学会、白内障学会、日本眼形成再建学会、日本涙道・涙液学会、眼感染症学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、米国白内障屈折矯正手術学会に所属。水晶体研究会世話人。

著者紹介

連載「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術

※本連載は、市川一夫氏・市川慶氏の共著『「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

市川 一夫

市川 慶

幻冬舎メディアコンサルティング

自分の目に合う白内障手術とは? 約8万眼の白内障手術を行ってきた日本トップクラスの白内障専門医が徹底解説! 「レンズは何を選べばいいの?」 「手術に失敗したらどうする?」 「レーザー手術がいいっていうけれど本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧