白内障手術「成功率95%超」だが…残り5%の患者に起きたこと

80代になればほぼ100%の確率でかかる「白内障」。高齢社会となってからは手術件数が増大しています。症例が多いために技術進歩が著しく、いまや成功率は95%以上となりました。とはいえ、手術自体は成功しても「不満」が残るケースが少なくありません。一体なぜでしょうか? 生涯執刀数80,000眼を超える現役医師に「よく見えるようになる白内障手術」のポイントを聞きました。

【無料】メルマガ登録はコチラ

手術自体は成功しても「不満」が残るケース

現在、白内障の手術は日本で数多く行われています。1990年代後半に年間60万眼前後だった手術件数は、社会の高齢化とともに増え続け、今や倍以上の140万眼を超えています。おそらく読者の皆さんも、「同年配の人が、白内障の手術をしたらしい」とか、「親が白内障手術を受けた」といった話を耳にすることも多いことと思います。

 

また白内障手術はとても安全性が高く、「術前よりもよく見えるようになった」という意味での手術の成功率は、一般的に95%以上といわれています。今は「たくさんの人が受けている手軽で安全な手術」というイメージをもつ人も増えているかもしれません。

 

しかし、手術の安全性が高いからといって、誰もが手術の結果に十分に満足しているかというと、必ずしもそうとはいえません。実際に、手術は問題なく終わったのに「不満」ということが起こり得るのが、白内障手術です。

手術後「こんなはずではなかった…」を引き起こす原因

なぜなら、骨折の治療といったほかの外科手術では、医師が目で見て手術の成否を判断できますが、白内障の場合は周囲の人が客観的に良し悪しを判断することができません。見え方は本人にしか分からないため、患者本人が術前と比べて「見えやすくなった」と思えるかどうかにかかっているからです。

 

しかも、人によって「どのように見えるようになりたいか」というのはそれぞれ違います。車の運転をする人、読書やパソコン作業が多い人、遠くも近くも見えるようになりたい人、眼鏡をかけずに生活したい人…などさまざまです。

 

そのため、もとの視力がよかった患者の場合、「手術をしたのに、見たかったところがあまりはっきり見えない」と不満を感じることも少なくありません。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

本来、手術によって希望の見え方を実現するには、その人のライフスタイルや術前の視力、目の使い方などをふまえて、手術後にどういう改善が可能なのかを、医師がきちんと説明できなければなりません。

 

さらにそれを精度高く手術に反映させるためには、執刀医の経験や技術もかかわってきます。また白内障手術の後に「こんなはずではなかった」となるケースには、手術法や眼内レンズ選択のミスマッチもあります。

 

↓コチラも読まれています 

年収1600万円の医師…結局5分の1が「税金」に消えている衝撃

 

医師ほど収入減の時代…「開業して年収1億円以上」の現実味

 

年収1000万円の独身医師が「不動産に1億円」突っ込んだら…

 

2年で資産10億円…年収1500万円勤務医の「ストイック生活」

 

【医師限定】勤務医のための「はじめての不動産投資」

株式会社中京メディカル 代表取締役 日本眼科学会認定専門医・認定指導医
医学博士

1978年愛知医科大学医学部医学科卒業。83年、名古屋大学大学院医学研究科博士課程外科系眼科学修了。社会保険中京病院眼科医長、主任部長を経て現在眼科顧問。眼科医療の世界では一人の医師が行う白内障治療手術の平均が年間200~300眼程度とされる中で、今でも年間3,000眼以上を執刀し生涯執刀数は80,000眼を超える。

94年、中京病院を中核とするクリニックグループを支援する株式会社中京メディカルを設立し眼科専門医の指導育成にも尽力する。ライフワークともいえる色覚研究歴は42年。83年より白内障治療における色覚の補正に着目し、世界初の着色眼内レンズを開発して商品化する。

92年、米国ASCRS(American Society of Cataract and Refractive Surgery)のフィルムフェスティバルにて“Natural View IOL(NV-IOL)and chromatopsia”(着色眼内レンズ)の題名で1st prizeを獲得。92年から日本臨床眼科学会にて色覚インストラクションコースを担当。2020年から公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会の理事長に就任。現在色視力の測定装置を開発し、色視力の普及にも尽力している。

公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)理事長/ヨーロッパ眼科学会(ESCRS)会員/アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)会員/アメリカアカデミー眼科学会(AAO)会員/日本産業・労働・交通眼科学会理事/日本眼科学会専門医制度認定指導医/日本臨床眼科学会専門別研究会「色覚異常」世話人/中京グループ会長/医療法人いさな会中京眼科視覚研究所所長/JCHO中京病院眼科顧問

著者紹介

総合青山病院 眼科部長 

2008年愛知医科大学医学部卒業。2008年4月より社会保険中京病院にて勤務を開始する。2010年より中京病院の眼科を担当。2013年7月からは岐阜赤十字病院眼科で診療・執刀を行う。2016年、Best of JSCRS(Cataract)受賞。2019年7月より総合青山病院にて眼科部長に就任。専門領域は白内障手術、眼形成。レーザー白内障手術、日帰り白内障手術執刀医として第一線で活躍している。

アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)、アメリカアカデミー眼科学会(AAO)、眼科手術学会、白内障学会、日本眼形成再建学会、日本涙道・涙液学会、眼感染症学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、米国白内障屈折矯正手術学会に所属。水晶体研究会世話人。

著者紹介

連載「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術

※本連載は、市川一夫氏・市川慶氏の共著『「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

市川 一夫

市川 慶

幻冬舎メディアコンサルティング

自分の目に合う白内障手術とは? 約8万眼の白内障手術を行ってきた日本トップクラスの白内障専門医が徹底解説! 「レンズは何を選べばいいの?」 「手術に失敗したらどうする?」 「レーザー手術がいいっていうけれど本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧