白内障手術で不眠、血圧を改善…「黄色い眼内レンズ」のスゴみ

白内障手術で使う眼内レンズには、どのようなものがあるのでしょうか。白内障手術について調べたことがある人なら、「多焦点眼内レンズ」や「単焦点眼内レンズ」を思い浮かべるでしょう。しかし、眼内レンズの機能は「焦点の数」だけではありません。白内障手術は誰しも一度は検討することになるはず。そのときに眼内レンズの「機能」について予備知識があれば、医師に希望を伝えやすくなり、結果として「もっともよく見える眼内レンズ」を選ぶことができるでしょう。ここでは、眼内レンズの機能の1つとして、「レンズの色」について解説します。

【無料】メルマガ登録こちら

より「自然な見え方」を再現する、黄色い眼内レンズ

現在、白内障治療に用いられている眼内レンズの機能の1つとして、「レンズの色」があげられます。レンズの色も大きく2種類あります。透明な眼内レンズと、黄色い色がついた着色眼内レンズです。

 

以前の眼内レンズは無色透明しかありませんでしたが、透明レンズの場合、光をよく通すので、術後に日中などはまぶしさを感じやすいという特性がありました。

 

また人間の水晶体はもともと少し黄色みを帯びていて、それがサングラスのように青い光をある程度カットしています。特に高齢になると水晶体の黄色みが強くなり、青い光を通しにくい状態になっています。それを手術によって透明レンズに入れ替えると、青い光を多く通すようになるので、視界に映るものの青みが強くなり、色の感じ方に違和感を覚える人も少なくありませんでした。

 

そこで近年増えているのが、人工的に黄色く色をつけた着色眼内レンズです。着色眼内レンズは人の水晶体の状態により近いため、自然な色味の視界を再現することができます。現在の着色レンズには薄い黄色と濃い黄色のものがありますが、どちらも透明レンズに比べれば自然な色味の視界が得られます。強いていえば若い頃の眼の状態に近いのが薄い黄色レンズ、年をとってからの状態に近いのが濃い黄色のレンズといえます。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

現在のところ、レンズの種類によって着色眼内レンズが選べるものとそうでないものがありますので、希望する場合は医師に相談してください。

 

着色眼内レンズでも、単焦点レンズは保険適用で入れることができます。多焦点の着色レンズは自費(一部、選定医療適用あり)になります。

ただ「見えやすい」だけではない…不眠や高血圧を改善

実は着色眼内レンズには「自然な色味」や「まぶしさの低減」ということ以外にも大きなメリットがあります。それは着色眼内レンズの使用によって、不眠などの睡眠障害や高齢者のうつ状態、高血圧が改善する、という効果が研究により分かってきていることです。

 

高齢になると、不眠などの睡眠障害を抱える人が多くなりますが、その原因として少なくないのが体内時計の乱れです。

 

私たち人間は、体内に1日の生体リズムを刻む体内時計をもっています。これによって朝に目が覚め、昼間活動をして夜になると眠くなるという、1日24時間のリズム(概日〔がいじつ〕リズム)がつくられています。

 

この体内時計に大きく関わるのが、眼に入る光です。眼の網膜にあるメラノプシン神経節細胞という光受容体が光を感じると、その信号が脳に送られ、概日リズムを調整します。ところが白内障になって眼に入る光が少なくなると、この機能がうまく働かなくなり、早朝に目覚めてしまって眠れない、夜になかなか寝つけないといった睡眠障害を引き起こします。

 

それが白内障手術をして再び眼に十分に光が入るようになると、また脳にきちんと信号が届くようになり、睡眠リズムが整ってくるのです(図表1、2)。
 

[図表1]眼内レンズを使うことで睡眠の質が改善した①

 


[図表2]眼内レンズを使うことで睡眠の質が改善した②

 

高齢者の睡眠障害は、気分の落ち込みや意欲の低下といった抑うつ症状につながることも少なくありません。白内障手術によって睡眠障害が改善し、夜にしっかり眠れるようになると、そうした症状の改善も期待できます。

 

さらに着色眼内レンズを使用することで、高血圧が改善する効果も確認されています。着色眼内レンズでなぜ血圧が下がるのか、その理由はまだ明確に分かっていませんが、白内障で目が見えづらい状態にあると、身体が無意識に緊張した状態になり(過緊張)、それが血圧上昇を招いているのではないかと私は考えています。

 

私のグループの研究でも、睡眠障害と高血圧の改善を確認しています。対象は、白内障治療で眼内レンズを挿入した患者1367名。透明眼内レンズ(UVカット)、薄い黄色の着色眼内レンズ、濃い黄色の着色眼内レンズを入れた各グループの術前・術後の血圧を測定して比較したところ、着色眼内レンズを入れた患者は薄い黄色でも濃い黄色でも、術後の血圧が有意に低下しており、術後1ヵ月が経過しても血圧が下がった状態が続いていました(図表3、4)。

 

[図表3]着色レンズを使うことで血圧が改善した①

 

[図表4]着色レンズを使うことで血圧が改善した②

 

また同じ研究で睡眠時間の変化も確認したところ、睡眠が短い人(1日6時間以下)は術後に睡眠時間が長くなり、逆に睡眠が長かった人(1日8.5時間以上)は短くなったことが確認されました。白内障手術によって概日リズムが整い、適正な睡眠時間に近づいたということです。

着色眼内レンズのうち「紫色光吸収タイプ」は要注意

着色眼内レンズは、睡眠障害や高血圧を改善するといった健康効果も期待できるレンズですが、近年登場した紫色光吸収タイプの着色眼内レンズ「テクニス シンフォニー オプティブルー®」には、注意が必要です。人間の水晶体とは光の通り方が異なるからです。

 

人の水晶体は、380~780nm(ナノメートル)の波長の光を通します。これを目の網膜の光を感じる細胞が感知することで、私たちは紫から赤までの可視光、いわゆる虹の7色を見ることができます。

 

そして2011年、人間の眼にはこれまで知られていなかった光を感じる細胞(OPN5)があることが、確認されました。OPN5は人の目に見えない紫色光をわずかにキャッチしていて、その働きはまだよくわかっていませんが、概日リズムや季節の感覚に影響を及ぼしている可能性があると考えられています。

 

これは人間以外の動物の視細胞にもあり、クマなどの冬眠や鳥類の渡りなどにも関連しているといわれます。

 

ところが、この紫色光吸収タイプの眼内レンズは、有害な紫外線を除去するため、420nm以下の紫色光を100%カットする設計になっています。つまり、本来は人の眼で感じているはずの紫色の光をまったく通さなくなるため、概日リズムや季節の変動などの感覚を正しく感じられなくなる恐れがあるのです。

 

また紫外線には子供の近視の進行を抑制する効果があることが確認されています。紫外光をカットした眼内レンズを使用した場合、近視が進む可能性も否定はできません。

 

これは日本だけで販売されている着色レンズですが、通常の単焦点眼内レンズだけでなく、多焦点眼内レンズやトーリック眼内レンズにも用いられています。新しい性能の眼内レンズではありますが、人の眼の生理的な機能と異なるものであり、思わぬ副作用が生じる可能性もあるので気をつけてほしいと思います。

 

 

市川 一夫

日本眼科学会認定専門医・認定指導医、医学博士

 

市川 慶

総合青山病院 眼科部長

 

 

 

↓コチラも読まれています 

年収1600万円の医師…結局5分の1が「税金」に消えている衝撃

 

年収1200万円の場合、リタイアまでいくら必要?(※医師限定記事)

 

医師ほど収入減の時代…「開業して年収1億円以上」の現実味

 

年収1000万円の独身医師が「不動産に1億円」突っ込んだら…

 

2年で資産10億円…年収1500万円勤務医の「ストイック生活」

株式会社中京メディカル 代表取締役 日本眼科学会認定専門医・認定指導医
医学博士

1978年愛知医科大学医学部医学科卒業。83年、名古屋大学大学院医学研究科博士課程外科系眼科学修了。社会保険中京病院眼科医長、主任部長を経て現在眼科顧問。眼科医療の世界では一人の医師が行う白内障治療手術の平均が年間200~300眼程度とされる中で、今でも年間3,000眼以上を執刀し生涯執刀数は80,000眼を超える。

94年、中京病院を中核とするクリニックグループを支援する株式会社中京メディカルを設立し眼科専門医の指導育成にも尽力する。ライフワークともいえる色覚研究歴は42年。83年より白内障治療における色覚の補正に着目し、世界初の着色眼内レンズを開発して商品化する。

92年、米国ASCRS(American Society of Cataract and Refractive Surgery)のフィルムフェスティバルにて“Natural View IOL(NV-IOL)and chromatopsia”(着色眼内レンズ)の題名で1st prizeを獲得。92年から日本臨床眼科学会にて色覚インストラクションコースを担当。2020年から公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会の理事長に就任。現在色視力の測定装置を開発し、色視力の普及にも尽力している。

公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)理事長/ヨーロッパ眼科学会(ESCRS)会員/アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)会員/アメリカアカデミー眼科学会(AAO)会員/日本産業・労働・交通眼科学会理事/日本眼科学会専門医制度認定指導医/日本臨床眼科学会専門別研究会「色覚異常」世話人/中京グループ会長/医療法人いさな会中京眼科視覚研究所所長/JCHO中京病院眼科顧問

著者紹介

総合青山病院 眼科部長 

2008年愛知医科大学医学部卒業。2008年4月より社会保険中京病院にて勤務を開始する。2010年より中京病院の眼科を担当。2013年7月からは岐阜赤十字病院眼科で診療・執刀を行う。2016年、Best of JSCRS(Cataract)受賞。2019年7月より総合青山病院にて眼科部長に就任。専門領域は白内障手術、眼形成。レーザー白内障手術、日帰り白内障手術執刀医として第一線で活躍している。

アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)、アメリカアカデミー眼科学会(AAO)、眼科手術学会、白内障学会、日本眼形成再建学会、日本涙道・涙液学会、眼感染症学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、米国白内障屈折矯正手術学会に所属。水晶体研究会世話人。

著者紹介

連載「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術

※本連載は、市川一夫氏・市川慶氏の共著『「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

市川 一夫

市川 慶

幻冬舎メディアコンサルティング

自分の目に合う白内障手術とは? 約8万眼の白内障手術を行ってきた日本トップクラスの白内障専門医が徹底解説! 「レンズは何を選べばいいの?」 「手術に失敗したらどうする?」 「レーザー手術がいいっていうけれど本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧