交通事故や火事多発も納得…白内障がもたらす「意外な見え方」

白内障は誰もがなる病気です。加齢とともに発症するケースが多いことから「歳のせい」と捉えてしまい、放置する人が少なくありません。しかし、それは非常に危険です。白内障が引き起こす「見えにくさ」は生活の質を下げるばかりでなく、事故や失明の原因にもなりうるからです。「歳をとれば見えにくくなるのも仕方がない」と決める前に、いまいちど正しい情報から考えてみませんか

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

失明や死亡の危機…恐ろしい「白内障の見えにくさ」

白内障は年をとれば誰でもなる病気、いわば老化現象のようなものです。しかしだからといって、そのままずっと放置していいわけではありません。

 

白内障は、放っておくと確実に進行していきます。ときには白内障の進行によって眼圧が高くなり、視野が欠ける「緑内障」につながる例もあります。緑内障は失明のリスクを伴う怖い病気で、わが国での中途失明原因の第1位を占めています。

 

また白内障でも症状が悪化すれば、視力が徐々に失われて生活の質(QOL:Quality Of Life)が大きく低下します。

 

これは、ものが見えにくくて不便というだけに留まりません。夕暮れに周囲の視野が見えにくい、夜間の運転でライトがまぶしくて見えないといったことがあれば、事故につながりかねません。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

ほかにも青色が見えづらいと、台所のコンロの青い炎が見えずに衣類に火が燃え移ってしまう「着衣着火」を起こす恐れもあります(図表1参照)。白内障が原因となって、思わぬ事故を招いてしまうこともあるということです。

 

[図表1]

 

そうでなくても適切な時期を逃すと、いざ治療をするときになって治療が難しくなってしまう例もあります。「年だからしかたがない」と放置するのでなく、きちんと対策を考えていくことが重要です。

病気やケガ、薬の使用…こんなにある「白内障の原因」

また白内障は「お年寄りだけがかかる病気」とも限りません。後天性白内障の中には病気やけがなど、ほかの要因で起こってくるものもあります。

 

たとえば、糖尿病の人は水晶体内にソルビトールという糖が沈着し、白内障発症の頻度が高くなります。アトピー性皮膚炎がある人も、白内障を多く発症することが知られているほか、ぶどう膜炎などの炎症から白内障に進むこともあります(併発白内障/続発性白内障)。

 

ほかに目にボールがぶつかった、目を強く打ったなどの外傷で水晶体が傷ついたときも、白内障を引き起こします(外傷性白内障)。重症のアレルギーなどの治療に使われるステロイド剤を長期に使用したり、加齢性黄斑変性などの治療で行われる眼内注射を繰り返すと、白内障が進むといわれています(薬剤性白内障)。

 

こうしたケースに該当する人は、年齢にかかわらず白内障が起こる可能性があるので、注意して経過をみていく必要があるでしょう。

白内障を根本的に治せるのは「手術」だけ

高齢社会の日本では多くの人が経験する白内障ですが、現在のところ、白内障を薬で治すことはできません。

 

白内障の初期段階で日常生活にそれほど支障がないときには、点眼薬の処方や生活指導が行われ、経過観察となります。

 

点眼薬でよく使われるのは「ピレノキシン」や「グルタチオン」です。ピレノキシンは、水晶体のタンパク質の変性を抑える働きがあります。グルタチオンは水晶体に多く含まれるアミノ酸で、加齢とともに減ったアミノ酸を補うために用います。

 

ときおり、「目薬をずっと差しているのに、ちっとも目がよくならない」と訴える人がいますが、こうした目薬は「白内障が進むのを緩やかにする」作用を持つものです。長く点眼を続けていても、残念ながら、白内障の進行を完全に止めることはできません。

 

一方の生活指導では、遮光眼鏡の使用やバランスのよい食事などが指導されます。まず遮光眼鏡を勧める理由は、白内障を進める要因のひとつに、太陽光の紫外線があるからです。

 

地上に届く紫外線には、A波とB波があります。このうちB波は肌に日焼けなどのダメージを起こすだけでなく、水晶体のタンパク質を傷め、白内障を引き起こします。

 

そのため長時間屋外で過ごすときなどは、白内障の進行抑制のため、UVカットの眼鏡やサングラス(遮光眼鏡)、つばの広い帽子などを身につけ、目の紫外線カットを心がけるとよいでしょう。

 

余談ですが、私は海外でも白内障治療を行っていますが、モンゴルなどの高緯度地域とインドネシアなどの東南アジア諸国を比べると、紫外線の強い東南アジアのほうが、白内障が早く進む傾向があることがわかります。

 

また食生活や喫煙などの習慣を見直すことも、白内障の予防や進行を遅くするという点では、一定の意義があります。偏った食生活や喫煙、アルコールの飲みすぎなど、一般に体の老化を進めるといわれる生活習慣は、白内障の発症・進行を早めると考えられるからです。

 

しかし、こうした点眼薬や生活習慣改善では、「濁ってしまった水晶体の状態を改善する」という根本治療は望めません。白内障を根本的に治療するには、濁って硬くなった水晶体を人工の眼内レンズに置き換える「白内障手術」が、唯一の有効な方法なのです。

 

 

市川 一夫

日本眼科学会認定専門医・認定指導医、医学博士

 

市川 慶

総合青山病院 眼科部長

 

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】資産家ドクターを目指す「不動産投資」講座

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

株式会社中京メディカル 代表取締役 日本眼科学会認定専門医・認定指導医
医学博士

1978年愛知医科大学医学部医学科卒業。83年、名古屋大学大学院医学研究科博士課程外科系眼科学修了。社会保険中京病院眼科医長、主任部長を経て現在眼科顧問。眼科医療の世界では一人の医師が行う白内障治療手術の平均が年間200~300眼程度とされる中で、今でも年間3,000眼以上を執刀し生涯執刀数は80,000眼を超える。

94年、中京病院を中核とするクリニックグループを支援する株式会社中京メディカルを設立し眼科専門医の指導育成にも尽力する。ライフワークともいえる色覚研究歴は42年。83年より白内障治療における色覚の補正に着目し、世界初の着色眼内レンズを開発して商品化する。

92年、米国ASCRS(American Society of Cataract and Refractive Surgery)のフィルムフェスティバルにて“Natural View IOL(NV-IOL)and chromatopsia”(着色眼内レンズ)の題名で1st prizeを獲得。92年から日本臨床眼科学会にて色覚インストラクションコースを担当。2020年から公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会の理事長に就任。現在色視力の測定装置を開発し、色視力の普及にも尽力している。

公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)理事長/ヨーロッパ眼科学会(ESCRS)会員/アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)会員/アメリカアカデミー眼科学会(AAO)会員/日本産業・労働・交通眼科学会理事/日本眼科学会専門医制度認定指導医/日本臨床眼科学会専門別研究会「色覚異常」世話人/中京グループ会長/医療法人いさな会中京眼科視覚研究所所長/JCHO中京病院眼科顧問

著者紹介

総合青山病院 眼科部長 

2008年愛知医科大学医学部卒業。2008年4月より社会保険中京病院にて勤務を開始する。2010年より中京病院の眼科を担当。2013年7月からは岐阜赤十字病院眼科で診療・執刀を行う。2016年、Best of JSCRS(Cataract)受賞。2019年7月より総合青山病院にて眼科部長に就任。専門領域は白内障手術、眼形成。レーザー白内障手術、日帰り白内障手術執刀医として第一線で活躍している。

アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)、アメリカアカデミー眼科学会(AAO)、眼科手術学会、白内障学会、日本眼形成再建学会、日本涙道・涙液学会、眼感染症学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、米国白内障屈折矯正手術学会に所属。水晶体研究会世話人。

著者紹介

連載「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術

※本連載は、市川一夫氏・市川慶氏の共著『「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

「一生よく見える目」を手に入れる白内障手術 改訂版

市川 一夫

市川 慶

幻冬舎メディアコンサルティング

自分の目に合う白内障手術とは? 約8万眼の白内障手術を行ってきた日本トップクラスの白内障専門医が徹底解説! 「レンズは何を選べばいいの?」 「手術に失敗したらどうする?」 「レーザー手術がいいっていうけれど本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧