子どもの自殺が過去最多!個人を軽視する日本の社会構造 (※写真はイメージです/PIXTA)

子どもの自殺が過去最高を記録しました。夢を抱いて未来を切り拓いていくはずの若者が、自ら命を絶っていく社会とは、明らかに歪んでいます。ジャーナリストの岡田豊氏が著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】8/20(土)開催決定
不動産投資に踏み出せない投資初心者を支援します
3カ月の体験で経費を引いた「家賃収入」が受け取れる

新しい「不動産投資体験サービス」とは 詳しくはコチラ>>>

若者が自ら命を絶つ社会の歪み

■10代の自殺率は上昇 20代の死因トップは自殺

 

「コロナウイルスのことで日本中がパニック状態みたいになっているけど、死者とか社会的な影響もすごいんだろうけども。自殺者が多い時代に、そっちはあまりみんな気にしていないのに……。コロナウイルスでこれだけ騒ぐのに、せめて同じ程度に社会的なちょっと歪みとかいうのをね、厚労省でも考えてほしいっていう感じはしますけどね」

 

新型コロナウイルスの感染が世界中に広がり、死者が増え続け、世界経済が混乱に陥り始めていた2020年2月下旬。タレントのビートたけしさんが、新型コロナウイルスをテーマにしたテレビ朝日の番組で、唐突にこう言いました。新型コロナウイルスによって多くの日本人が不安に駆られているさなかに、あえて、深刻な自殺の問題を日本社会が置き去りにしていると警鐘を鳴らしました。

 

日本は自殺率が極めて高い国だと世界に知られています。特に若い人の自殺が多い、奇異な国だと見られています。「日本社会が息苦しい」ことは、データに裏付けられているのではないでしょうか。かねてから、日本の自殺に問題意識を抱いていたビートたけしさん。新型コロナウイルスで頭がいっぱいの日本人にあえて問いかけたのです。

 

日本の2019年の自殺者は、前年より671人(3.2%)減って、2万169人(確定値)になりました。10年連続で減り続け、1978年に統計を取り始めてから、最も少なくなりました。しかし、依然、1日に約55人が自殺している計算です。日本は人口に対する自殺率がG7(先進7カ国)の中で最悪です。しかも、10代の自殺者が増えている深刻な状況です。

 

これは日本社会が本気で取り組まなければならない最重要テーマです。夢を抱いて未来を切り拓いていくはずの若者が、自ら命を絶っていく社会とは、明らかに歪んでいます。

 

年齢別にみると、人口10万人当たりの自殺者は、50代が一番多く21.1人。次いで80 代以上が19人。40代が18.5人。10代に至っては前年の5.3人から5.9人に増え、過去最悪となりました。いじめや学業不振などが原因になったケースが多いということです。19歳以下の自殺の原因・動機は「学校問題」が最も多い傾向にあるのです。

 

ジャーナリスト

1964年、群馬県高崎市生まれ。日本経済新聞記者を経て1991年から共同通信記者。山口支局、大阪支社、経済部。阪神淡路大震災、大蔵省接待汚職事件、不良債権問題、金融危機など取材。2000年からテレビ朝日記者。経済部、外報部、災害放送担当(民放連災害放送専門部会委員)、福島原発事故担当、ANNスーパーJチャンネル・プロデューサー、副編集長、記者コラム「報道ブーメラン」編集長、コメンテーター、ニューヨーク支局長、アメリカ総局長(テレビ朝日アメリカ取締役上級副社長)。トランプ氏が勝利した2016年の米大統領選挙や激変するアメリカを取材。共著『自立のスタイルブック「豊かさ創世記」45人の物語』(共同通信社)など

著者紹介

連載自分の頭で考える、自分のやり方を考える

本連載は、岡田豊氏の著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

自考

自考

岡田 豊

プレジデント社

アメリカでの勤務を終えて帰国した時、著者は日本は実に息苦しい社会だと気付いたという。人をはかるモノサシ、価値観、基準の数があまりにも少ない。自殺する人があまりにも多い。笑っている人が少ない。他人を妬む。他人を排…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ