「新商品のネーミング」言いやすさ、独自性、残るポイントは? (※写真はイメージです/PIXTA)

商品名や新事業名は、企業にとっては重要なマーケティングツールのひとつです。音の響きや見た目の印象がいい名前は人々の意識に残りやすく、高いPR効果が期待できます。このように時として商品や企業の価値や売り上げも左右します。どのようにネーミングを作ればいいのでしょうか、著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)で明らかにします。

【関連記事】自社の経営に取り込め!最新「儲かるビジネスモデル」を学ぶ

新規事業の成長の種をどのように探すのか

■アンゾフのマトリックスを活用して成長の種を探す

 

既存事業の拡大の方向性を検討したり、新規事業を検討したりするのに有効なのがアンゾフのマトリックスです。これは、イゴール・アンゾフによって数十年前に考案されたものです。

 

横軸に商品・サービス、縦軸に市場・顧客を取り、それぞれ既存商品・サービスと新商品・サービス、既存市場・既存顧客、新市場・新顧客というように二分し、マトリックスを作ります。

 

そしてまず既存市場・既存商品と既存商品・サービスのセルに現在提供している商品・サービスを列挙します。この象限の部分を深堀していくのが「市場浸透」となり、既存ビジネスのシェア拡大や成長を図れる分野となります。

 

続いて、既存商品・サービスを新市場・新顧客に展開するのが「市場開拓」となります。この新市場・新顧客の解釈は、企業や事業によって異なってきます。国内中心に事業を行っている会社であれば、海外市場のことを指したり、国内でも新しい業界に進出することを指したりします。

 

この新市場・新顧客をどのように定義するかは、社内や事業部内で意思統一を図れば良いと思います。

 

3つ目は、既存市場・既存顧客に対して新商品・サービスを提供することを検討する象限です。これを「新商品・サービス開発」といいます。既存のマーケットやお客様に対してこれまでにない新商品やサービスを提供することを検討します。対象顧客のイメージがつきますから、そのニーズに応える製品やこちらから提案可能な新しいサービスなどが対象となります。

 

4つ目は、右上の新市場・新顧客に対して新商品・サービスを提供する象限です。ここの部分を「多角化」といいます。この多角化の部分を検討する際には、3通りの方法があります。

 

①市場開拓のセルで検討したものについて、さらにもう一段新しい商品やサービスを提供することを検討する方法と、②新商品・サービス開発のセルで検討したものをさらに新しい市場や顧客に展開することを検討する方法、そして③それらとは無関係に、飛び地に進出することを検討する方法です。

 

多角化はこれまで、失敗しやすいと言われてきたのですが、近年ではM&Aを使って進出する企業が増えています。

 

先の未来マップで出て来たネタをこのマトリックスにプロットする方法もありますし、アンゾフのマトリクスそのもので既存事業の成長の方向性を探ったりすることもできます。

 

ポイント
アンゾフのマトリックスで既存事業や新規事業の方向性を検討する

 

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ