1960年代、名古屋…不動産会社営業マンに下った衝撃の指令「賃貸住宅情報誌を創刊せよ!」

1960年代の名古屋。自身のキャリアに悩んでいたある青年は、高校時代の友人の声がけにより、賃貸業をメインとする不動産会社へ。優秀な先輩に触発され、一心不乱に仕事にまい進していたところ、社長と常務に呼び出され、「うちの社でも賃貸住宅情報誌を創刊する。責任者として雑誌作りを担当してほしい」とのまさかの指令が下されることに…!

「雑誌はどうやって作られ、店頭に並ぶのですか?」

賃貸住宅情報誌の制作部隊として社内に新設された編集企画課ですが、メンバーは私一人だったため本社の営業デスクのうちの1つを私用として割り当ててもらい、形ばかりの編集企画室が発足しました。

 

横で問い合わせの電話が鳴っているなか、私はデスクに座って「どうしたものか」と考えあぐねていました。とりあえず作業スペースは確保できたものの、何をどう作ってよいのか分かりません。社内に30名強いた社員のなかにも書店や出版社に人脈をもっている人間はおらず、誰かに紹介してもらうことも叶いませんでした。

 

私はただ考えていても埒が明かないと思い、近所の小さな書店に行き、店主に「雑誌類というのは、どのようなルートを経て店に届くのでしょうか」と尋ねてみました。私の不躾な質問に主人は少し驚いていましたが「この店は売上も少ないので小さな書店向けの問屋ルートで仕入れていること」「一般的には東販・日販という取次業者を通じて仕入れること」を丁寧に教えてくれたのです。

 

[図表1]雑誌が書店に並ぶまで

 

私は急いで会社に戻り、分厚い職業別電話帳をデスクに広げて「東販」「日販」の社名を探しました。見つからないので見落としたものと思い、改めて丹念に見直しましたがやはり見当たりません。

 

私はもう一度書店に戻って店主に「電話帳を探しましたが見つかりません。どうしてでしょうか」と聞くと、東販・日販は業界で使われている略称で正式名称は「東京出版販売(現在の株式会社トーハン)」「日本出版販売」であることを教えてくれました。さらに、店主は「中央社」という取次業者も名古屋に支社があることまで親切に教えてくれました。

 

「なぜ、そんなに問屋のことが知りたいの」と店主に言われ「雑誌を作って売りたいんです」と答えたところ、信じられないという表情をされたのを今でも思い出します。

 

今になって思えばその店主の気持ちも分かります。取次最大手の東販や日販の名前さえ知らない素人が雑誌を発刊するなど、業界を知る人からすれば無謀であり、夢物語に思えたに違いありません。しかし、そこは怖いもの知らずの素人ですから「東京と大阪でやっているのだから、何かやり方があるはずだ」と思っていました。

 

まだ20代という若さもあって、私は自分がいかに大きな挑戦をやろうとしているかなど気づきもしませんでした。

 

あなたにオススメのセミナー

    株式会社ニッショー 代表取締役社長

    1947年宮崎県生まれ。
    工業高校卒業後、18歳で愛知県名古屋市の醸造機器メーカーに就職し、製造現場に勤務。

    1976年7月、高校時代の友人が名古屋で創業した賃貸仲介専門の不動産会社、株式会社日正に28歳で転職、営業部に配属となる。翌年4月、編集企画課に異動し、東海エリア初となる賃貸住宅情報誌を創刊。その後、営業本部長を経て1983年に株式会社日正の代表取締役社長に就任。

    現在はニッショーグループの代表としてホールディングスを統括している。

    著者紹介

    連載賃貸仲介・管理業一筋50年…必勝の経営道

    賃貸仲介・管理業一筋50年 必勝の経営道

    賃貸仲介・管理業一筋50年 必勝の経営道

    加治佐 健二

    幻冬舎メディアコンサルティング

    メーカーから転職して1976年に28歳で営業職として入社し、充実した日々を送っていた筆者。 その矢先、突然社長と常務から呼び出され「東海エリア初の賃貸住宅情報誌の創刊」を命じられたのです。 そして右も左も分からな…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ