「ライバルは中国だけじゃない!」豆菓子店二代目、再びの危機…本州の菓子メーカー、北海道へ続々進出

北海道で地道にビジネスを展開していた豆菓子店。父から会社を承継した2代目社長は、中国から押し寄せてきた安価で大量の「バターピーナッツ」にシェアを奪われ、存亡の危機に陥りました。しかし、新たな主力商品の開発で再起。なんとか売り上げが戻って来たところ、2回目のピンチを迎えます。次のライバルは、「本州の菓子メーカー」でした。

参入障壁が壊れ、本州の菓子メーカーが「競合」に

試行錯誤を重ねながら、どうにか復活の兆しが見えてきました。新商品を作り出すという使命ができ、お客さんの意見が聞ける接点ができたことで、日々の仕事にやりがいが感じられるようになり、社内の雰囲気も活気づいてきました。

 

売り上げも少しずつ回復し、黒字に戻りました。バターピーナッツを諦めたとき、10億円ほどあった売り上げは最終的に3億円に減りました。しかし、焼カシューが主力商品として順調に育ち、新たに開発した菓子類も、ヒットとまではいかないまでもコツコツと売り上げを生み出し、売り上げは6億円くらいまで回復しました。

 

全盛期と同程度とまではいきませんが、従業員は日々、忙しくしています。仕事がない時期に工場を整理したことで、生産効率は以前より良くなっていました。

 

「このままいけば完全復活も遠くない」

 

そんなふうに考えていたところに、次の危機がやってきました。本州の大手メーカーによる北海道進出です。

 

本州メーカーが北海道市場に進出してくる可能性は、私が目を向けていなかっただけで、常に脅威として存在していました。私はこの時もまだ、道内メーカーと本州メーカーの間には物流コストが高いという参入障壁があると思っていました。しかし、2000年前後から物流網が全国に広がるとともに、設備や技術の発達によってコストや時間の問題が解消され始めました。

 

また、北海道進出に向けた本州メーカーの準備も水面下で着々と進んでいました。納入先が少ないと輸送コストがかかります。そこで本州メーカーは、大手の営業力を駆使して納入先を増やしていきました。大量に輸送できるようになれば、コストが削減できるのです。

 

また、大手の資本力で道内に工場を作るメーカーもありました。現地生産ができるようになれば、地の理による価格競争力や納入までのスピードは道内企業と同等になります。

 

こうなると参入障壁は一気に崩れます。結果、小売店などでは本州メーカーの商品が急速に増えました。我々が問屋から受ける注文も減っていきました。気づけば「本州だから」「遠いから」といった理由で目を向けていなかった会社が、物流の発達によって急に競合他社になっていたのです。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

池田食品株式会社 代表取締役社長

1949年北海道生まれ。
明治大学卒業後に東京・大阪でのサラリーマン生活を経て、池田食品株式会社に入社、1984年に二代目の同社代表取締役社長に就任。
北海道ローカルであることを強みに、時代や流行に媚びることなくおいしさを届ける、これを信条とし、売上は年々向上している。
毎年開催する節分のイベントでは1万人集客するなど、地元から愛されている。

著者紹介

連載成長を続ける「豆菓子店」のスゴいレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

池田 光司

詩想社

価格競争や人材不足、災害やコロナ禍のような外部環境の変化によって多くの中小企業が苦境に立たされています。 創業74年を迎える老舗豆菓子メーカーの池田食品も例外ではなく、何度も経営の危機に直面しました。中国からの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ