ボロボロの工場のペンキ塗りから、再びの新商品開発へ…豆菓子店の社長と従業員が再起したワケ

主力商品だったバターピーナッツの製造をあきらめ、危機的状況に追い込まれていた豆菓子店の二代目社長。ストレスと寝不足で常にフラフラでしたが、ふとしたきっかけで生活習慣を変え、健康を取り戻していきます。気持ちの安定が従業員にも通じたのか、新しい提案を得ることに…。心機一転の機運が、会社内にも伝播していきました。

常に社内外の目にさらされている経営者

「池田さん、元気ないね。何かあったの?」

 

ある時、地域の経営者の会合で、顔見知りの社長にそう聞かれました。

 

「ちょっと忙しくしていましてね、寝不足なんです」

 

とっさに笑ってごまかしましたが、この時、周りの人にも分かるほど、自分が疲れた表情をしていたのだと自覚しました。従業員にも、私が抱えている不安、恐怖、絶望感、失意など、あらゆるネガティブな感情が伝わっているはずです。

 

当初こそ、楽しくペンキ塗りをしていた従業員も、そろそろ飽きてきています。本来の仕事ができない状態を不安に感じ始めている人もいますし、そもそも社長が先行きを不安視している会社で、働き続けたいと思う従業員はいません。そう気がついて、私は気持ちを入れ替えないといけないと思いました。

 

経営者は見られています。社外にも社内にも影響を与えます。全社一丸となって危機を乗り越えていくために、気持ちを前向きに、言葉も行動も前向きにしなければならないと思ったのです。

 

赤字解消の打開策は相変わらず浮かびませんでしたが、不眠症については、ちょっとしたきっかけで解決の糸口が見つかりました。工場内の片付けをした日、その作業が慣れない作業だったこともあり、すっかり疲れ切って帰宅しました。すると、その夜はすぐ眠りに入ることができ、明け方、さわやかな朝を迎えることができました。

 

「こんなにぐっすり寝たのはいつぶりだろう」

 

そう感動するくらい久しぶりの快眠でした。その勢いに乗って気分良く出社すると、自分でも分かるくらい、いい声で従業員に挨拶でき、自然と楽しく会話することができました。

 

「人間の体は正直だな」と、その時に思いました。解決できない悩みがあっても、体が疲れていれば眠れます。しっかり眠れば気分が良くなり、翌日は心理的にも体力的にも回復するものなのだと、身をもって理解したのです。

 

同時に、かつて読んだ本の一文を思い出しました。その本には、狩りに出かける生き物は4足より2足で移動するのが望ましい、ということが書いてありました。両手が自由に使えれば、たくさん獲物を持って帰ることができ、一度の狩りで遠くまで行くことができます。

 

そこにヒントを得て、この日から毎日、散歩することにしました。散歩で体が疲れれば、その日はよく眠れるはずです。狩りに出る生き物のように遠くまで歩くことによって、経営再生のヒントが見つかるかもしれません。少なくとも、工場内で悶々と考えるよりは思考も視野も広がります。

 

今思えば、おかしな理屈です。しかし、ほかに妙案がなく、時間だけは十分にあった私は、この日から毎日、自宅から札幌の中心部まで、約5キロメートルの道を散歩することにしたのです。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

池田食品株式会社 代表取締役社長

1949年北海道生まれ。
明治大学卒業後に東京・大阪でのサラリーマン生活を経て、池田食品株式会社に入社、1984年に二代目の同社代表取締役社長に就任。
北海道ローカルであることを強みに、時代や流行に媚びることなくおいしさを届ける、これを信条とし、売上は年々向上している。
毎年開催する節分のイベントでは1万人集客するなど、地元から愛されている。

著者紹介

連載成長を続ける「豆菓子店」のスゴいレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

池田 光司

詩想社

価格競争や人材不足、災害やコロナ禍のような外部環境の変化によって多くの中小企業が苦境に立たされています。 創業74年を迎える老舗豆菓子メーカーの池田食品も例外ではなく、何度も経営の危機に直面しました。中国からの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ