本州の競合メーカー、北海道出店ラッシュの裏で…地元企業の従業員が「やる気を失った」意外な理由

2000年、本州の菓子メーカーは次々北海道へと進出し、目覚ましい成果をあげていました。経営の根幹を支えたバターピーナッツ事業からの撤退で、一度は勢いがそがれた地元の豆菓子店も、新興勢力に対抗すべく、全力投球しています。しかし、赤字脱却後も従業員の表情には覇気がなく、原因が探せない社長は焦りますが…。

元気を失っていく従業員たち、理由がわからず焦る社長

本州メーカーの進出が目覚ましかった2000年、バターピーナッツの生産を大幅に減らした年以来、2度目の赤字を経験することになりました。再び赤字脱却の戦略を練らなければなりません。売り上げが短期間で3分の1になったり半減したりする経営はリスクが大きく、その点でも事業戦略や事業モデルを根本的に見直す必要があります。

 

また、社内においても、このころから私はある異変を感じるようになりました。それは、従業員たちの元気がないということです。

 

「赤字のせいか……」

 

「忙しさのせいか……」

 

当初はそう考えました。実際、赤字は心理的に重しになりますし、日々の業務も多忙でした。

 

忙しくなった原因は、メーカー向けのOEM(Original Equipment Manufacturerの略で、メーカーのブランドで販売する商品を受託生産する仕事のこと)にあります。このころの売り上げを支えていた数少ない仕事の一つで、技術力と安定的な生産体制を評価され、少しずつですがまとまった量の仕事が入るようになっていました。

 

メーカー向けのOEM仕事は薄利多売です。しかし、赤字脱却のためには少しでも利益を増やす必要があります。そう考えて、私も営業担当者もたくさん仕事を開拓していました。結果、機械だけでなく、従業員もフル稼働に近い状態となっていました。

 

この状態が数年続き、売り上げ面では、2005年に7億円まで回復し、再度黒字に戻りました。相変わらず売り上げの増減が大きいことが気がかりでしたが、私はほっと胸を撫で下ろしました。

 

ただ、赤字から脱却できたあとも、相変わらず従業員の表情には覇気がありません。表情だけを比べるなら、バターピーナッツの仕事がなくなり、工場のペンキ塗りをしていたころのほうが生き生きとしているように見えました。何か原因があるはずです。疲れているのか、やりがいが感じられないのか、仕事がつまらないと感じているのか、理由は分かりませんでしたが、対策を考えなければなりません。

 

そこで私は、従業員に積極的に話しかけ、声を聞くように心がけました。密かに「どこでも会議室の取り組み」と名付け、社内の廊下でも工場の隅っこでも、あらゆる場所で従業員に話しかけました。ちょっとした雑談が問題解決のヒントになります。

 

経営者が気がつかないことを、現場が知っているということはよくあるものなのです。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

池田食品株式会社 代表取締役社長

1949年北海道生まれ。
明治大学卒業後に東京・大阪でのサラリーマン生活を経て、池田食品株式会社に入社、1984年に二代目の同社代表取締役社長に就任。
北海道ローカルであることを強みに、時代や流行に媚びることなくおいしさを届ける、これを信条とし、売上は年々向上している。
毎年開催する節分のイベントでは1万人集客するなど、地元から愛されている。

著者紹介

連載成長を続ける「豆菓子店」のスゴいレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

池田 光司

詩想社

価格競争や人材不足、災害やコロナ禍のような外部環境の変化によって多くの中小企業が苦境に立たされています。 創業74年を迎える老舗豆菓子メーカーの池田食品も例外ではなく、何度も経営の危機に直面しました。中国からの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ