「商品の取り扱いが減っている!」豆菓子店2代目社長、経営者交代の影響を思い知った日

廃業する製菓会社から「タマゴボーロ」事業の継承を決めたことで、経営者として自信をつけた豆菓子店の2代目。やり手だった先代社長亡きあとも営業に奔走します。しかし、取引先で自社商品の扱いが次第に少なくなっていることに気づき、愕然。中小企業の社長の存在感を痛切に感じることになります。

「タマゴボーロ」の継承を決意

私の会社の状況を考えれば、バターピーナッツは苦戦していましたし、焼カシューも伸び悩んでいます。次の一手に困っている中で、タマゴボーロの継承は願ってもいなかったチャンスでした。売り上げは、当社が5億円ほど、ハシモトのタマゴボーロは3000万円ほどで、金額的には大きくありませんが、人気商品を継承できるのは魅力的でした。

 

ただ、やはり課題がありました。タマゴボーロと豆菓子は原材料が違い、製造方法も異なります。そのため、タマゴボーロを継承するのであれば、新たに生産拠点を構える必要があり、そのための資金も必要だったのです。

 

また、私の会社は豆やナッツの加工技術はありますが、タマゴボーロの原材料である馬鈴薯を使うノウハウはありません。事業としてきちんと確立させるためには、社内でタマゴボーロの生産技術を学び、定着させる必要がありました。

 

一方で、私はこの時、会社の方向性を定めるヒントをつかみかけていました。一つ目のヒントは、北海道産の原材料を使う菓子作りです。

 

当時の私は、ピーナッツにしても焼カシューにしても、商品の売り先のことばかり考えていました。消費者の市場を見て、どうやって売るか、何が売れるか、いくらなら売れるのかといったことを考えながら試行錯誤していました。

 

しかし、サプライチェーンの川上に目を向けると、北海道には農産物が豊富という長所があります。ピーナッツやカシューナッツのような外国産の原材料と比べると、安定して、かつ素早く仕入れることができますし、多少は天候の影響を受けるとしても、為替相場の変動によって収益が増減するリスクもありません。

 

その違いに気がついて、私は外国産の原材料を使うリスクを理解しました。同時に、北海道に根ざした企業であることの価値を認識し、道内企業であることが強みになると思ったのです。

 

2つ目のヒントは、ブランドを持つことです。私の会社の商品は飲食店や問屋向けに売りますので、実際にバターピーナッツや焼カシューを口にする最終消費者は、私たちが作っていることを知りません。一方、ハシモトのタマゴボーロは、橋本製菓が作っていることが分かります。商品そのものに知名度があり、商品が会社の認知度も高めています。その違いに目を向けて、私はブランド商品を扱うことに興味を持ちました。

 

ぼんやりとですが、「いつか社名を出すブランド商品を作れるかもしれない」と思い、この機会を生かして、ブランド商品の作り方や売り方を学びたいと考えたのです。

 

このような考えから、私はハシモトのタマゴボーロを、そっくりそのまま継承しようと決めました。機械と製法だけを継承するのではなく、ハシモトのタマゴボーロという商品名も、かわいらしいデザインのパッケージも、全てそのまま引き継ごうと決めたのです。

 

これが私が経営者として初めて行った意思決定でした。父は私の考えを尊重し、事業引き継ぎの資金を決裁してくれました。この資金を使って、豆菓子工場の隣接地を購入し、タマゴボーロ工場を建てました。現在は企業の合併やM&Aが日常茶飯事の時代ですが、経営者としてひよっこだった私にとって、この承継は大きな決断であり、大きな出来事でした。

 

事業を受け継ぐことに勝算があったわけではありません。しかし、結果として、タマゴボーロは私の会社の主力のロングセラーの一つとなり、収益基盤を支えていくものとなりました。

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

 

池田食品株式会社 代表取締役社長

1949年北海道生まれ。
明治大学卒業後に東京・大阪でのサラリーマン生活を経て、池田食品株式会社に入社、1984年に二代目の同社代表取締役社長に就任。
北海道ローカルであることを強みに、時代や流行に媚びることなくおいしさを届ける、これを信条とし、売上は年々向上している。
毎年開催する節分のイベントでは1万人集客するなど、地元から愛されている。

著者紹介

連載成長を続ける「豆菓子店」のスゴいレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

池田 光司

詩想社

価格競争や人材不足、災害やコロナ禍のような外部環境の変化によって多くの中小企業が苦境に立たされています。 創業74年を迎える老舗豆菓子メーカーの池田食品も例外ではなく、何度も経営の危機に直面しました。中国からの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ