(※写真はイメージです/PIXTA)

ダラスを本拠とする世界最大(2019年の収益に基づく)の事業用不動産サービス会社、シービーアールイー株式会社(CBRE)。同社の「ジャパンリテールマーケットビュー 2021年第2四半期」より一部抜粋し、コロナ禍の主要都市のリテール市場について見ていきます。

2021年の「全国百貨店売上高」は前年同期比でプラス

2021年4~6月の全国百貨店売上高は、対前年同期比42.8%増のプラスとなった。前年同期の緊急事態宣言に伴う、臨時休業や時短営業などの営業自粛の反動によるもの。ただし、期中に3度目の緊急事態宣言が発出されたことから、外出自粛などによる集客減の影響があった。そのため、前々年の同期間と比べると、31.8%減のマイナスとなった。

 

商品別では、ラグジュアリーブランドや高級時計、美術宝飾品などの高額品の売り上げが好調に推移した。また、巣ごもり需要関連の家電、高級家具などの商品も好調だった。

 

 

 

今期(Q2)の東京・銀座ハイストリート賃料は、対前期比横ばいの24.30万円(月/坪)。ハイストリートの募集物件では、ラグジュアリーブランドを中心とした複数のリテーラーから引き合いがみられている。東京プライム賃料は、23期連続横ばいの40万円となった。希少な一等地への出店に、前向きなラグジュアリーブランドがいることが主因。

 

大阪・心斎橋では、心斎橋筋商店街を中心に需給バランスの緩みがみられた。そのため、心斎橋ハイストリート賃料は対前期比2.1%下落の13.81万円となった。ただし、御堂筋を中心にラグジュアリーブランドからは強い出店ニーズがみられており、心斎橋プライム賃料は4期連続横ばいの25万円となった。

 

名古屋・栄でも高級時計ブランドの出店ニーズがみられている。ただし、ハイストリートのなかでも高級時計の出店エリアからはずれたところでは、出店ニーズは弱含んでいる。そのため、栄ハイストリート賃料は対前期比1.4%下落の7.05万円となった。プライム賃料は3期連続横ばいの10万円(月/坪)。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ東京(銀座、表参道・原宿)のリテール市場

あなたにオススメのセミナー

    ※本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ