マイナス金利政策解除はどう響く?5年連続で“最も魅力的な投資先”に選ばれた日本の「不動産投資市場」今後の展望

CBREレポート「マイナス金利政策の終焉:日本の不動産投資市場への影響は限定的」より

マイナス金利政策解除はどう響く?5年連続で“最も魅力的な投資先”に選ばれた日本の「不動産投資市場」今後の展望
(※写真はイメージです/PIXTA)

マイナス金利政策の解除によって、今後日本の不動産投資市場にはどのような変化が起こるのでしょうか。今回は、国内外の投資家に対して行ったいくつかのアンケートをもとに、日本における不動産投資市場の今後の展望について解説したCBREのレポートをご紹介します。

※本記事は2024年3月14日(マイナス金利政策の解除決定前)に発表されたレポートの転載です。

マイナス金利政策の解除は不動産投資市場にどう影響するか

最近の日銀総裁および審議委員の発言などを踏まえ、3月ないし4月の金融政策決定会合でマイナス金利政策の解除が決定されるだろうとの見方が金融市場におけるコンセンサスとなっている。

 

10年以上に及ぶ異次元緩和の転換は一大イベントであるが、CBREでは不動産投資市場の地合いが大きく変化すること、すなわちキャップレートの極端な上昇や売買取引の大幅な減少は想定していない。

1. 緩やかな利上げは想定内

3月ないし4月の政策変更は「マイナス金利解除」にとどまる可能性が高いというのが大方の予想である。日銀はすでに2022年12月、2023年7月、2023年10月の3回にわたって長短金利操作(イールドカーブコントロール、YCC)を修正している。

 

具体的には長期金利(10年国債利回り)の許容変動幅を±0.25%から±0.5%、±1%と段階的に引き上げ、最終的には「1%超えを容認」とした。一連のYCC修正を受けて、市場関係者の間でマイナス金利政策の解除観測が急速に高まったことから、2023年後半には海外投資家が日本の不動産投資に関して慎重姿勢を強めたとみられる。

 

CBREが集計する海外投資家の投資額(10億円以上の取引が対象)は2023年Q3とQ4の2四半期連続で対前年同期比約8割減少し、年間では同3割減となった([図表1])。

 

注:10億円以上の取引を対象J-REITによるIPO時の取得物件を除く 出所:MSCI Real Assets, CBRE Research, Q4 2023
[図表1]日本の投資額 投資主体別 注:10億円以上の取引を対象J-REITによるIPO時の取得物件を除く
出所:MSCI Real Assets, CBRE Research, Q4 2023

 

また、CBREが2023年11月に日本に拠点を置く投資家を対象に実施した2024年の投資家意識調査(2024年2月付レポート「2024年CBRE投資家意識調査:日本」参照)では、2024年における不動産投資にかかるマクロリスク要因として「金融政策」が「人件費や建築費の高騰」に続いて2番目に多くの回答数を集めた([図表2])。

 

つまり日本の不動産投資家の多くが、昨年の時点ですでに日銀による金融政策の転換を想定していたと考えられる。

 

出所: 2024 Asia Pacific Investor Intentions Survey: Japan Results, CBRE Research, 2024年2月
[図表2]2024年の不動産投資に際して懸念されるリスク要因 (上位3つを選択) 出所: 2024 Asia Pacific Investor Intentions Survey: Japan Results, CBRE Research, 2024年2月

2. 日本は魅力的な投資先No.1

APAC地域を見渡すと、2023年はオーストラリアやシンガポールなどで不動産のキャップレートが上昇(価格が下落)した。

 

それでも、2023年Q4時点のプライムアセットの借入コストに対するイールドスプレッド(CBRE推計)を見ると、オフィス、リテール、物流施設のすべてのアセットクラスで依然として東京が最も魅力的な水準にあった([図表3])。

 

CBREのAPACリサーチは、2024年後半に日本と中国以外のAPAC各国が利下げサイクルに入り、結果として一部の主要都市でイールドスプレッドがプラスに転じると予想している(2024年1月付レポート「2024 Asia Pacific Real Estate Market Outlook」参照)。

 

日本がイールドスプレッドでトップではなくなる可能性はあるが、利上げが緩やかである限り、レバレッジなどを考慮したキャッシュオンキャッシュ利回りの相対的な魅力が大きく後退することはないだろう。

 

出所:CBRE Research, Q4 2023
[図表3]借入コストに対するプライムイールドスプレッド 出所:CBRE Research, Q4 2023

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ日本が魅力的な投資先として注目される理由

※本記事はシービーアールイー株式会社(CBRE)のレポート「マイナス金利政策の終焉:日本の不動産投資市場への影響は限定的」を転載したものです。
※本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧