会社依存の証拠…あなたは自分の仕事を職種で答えていますか

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は激変している。景気後退が叫ばれ、先行き不透明感が増すなか、日本経済はどうなるか、不動産はどう動くのかに注目が集まっている。本連載は、多くの現場に立ち会ってきた「不動産のプロ」である牧野知弘氏の著書『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)より一部を抜粋し、不動産の現状と近未来を明らかにする。

仕事以外の文化、芸術に対する関心が高まる

日本のサラリーマンの多くは会社での仕事内容や会社が属する業界については熱弁を振るえるものの、文化や芸術などについて一定の知見や見識を持っている人は少ない、と言いました。

 

しかし、会社への通勤という無駄な時間から解放され、在宅や近隣のコワーキング施設で働くことで、会社だけを見て日々を過ごす人生から距離を置くことができるようになります。ましてや一つの会社にだけ身を置いて、会社の一挙手一投足に振り回されることなく、日々を過ごすことができるようになれば、生活の仕方にも大きな変化が表われてくると思われます。

 

一日のほとんどの時間を会社一員としてしか過ごせないサラリーマンに、文化を語るのは無理な話です。(※写真はイメージです/PIXTA)
一日のほとんどの時間を会社一員としてしか過ごせないサラリーマンに、文化を語るのは無理な話です。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

空いた時間を使って地元の大学で社会人講座を受講してみるのも、お勧めです。不肖私も、以前ふと目にした「グレーター東大塾」という東京大学が開催する社会人塾に応募したことがあります。この塾は東京大学が年に2回程度、あらかじめテーマを決めて毎週1回、全10回にわたって講義を行なうもので、東京大学の先生のみならずそのテーマにかかわる専門家の先生が、毎回交代で受け持つユニークな形式のものでした。「持続可能な成長型超高齢化社会に向けて」というテーマは私の関心事でもあったので、スケジュールに追い回される日々の中、毎週この時間帯だけは死守して受講してみました。

 

結果は大変有意義なものでした。一つのテーマであってもこれを歴史学、地域社会、働き方、移民政策、労働、若者支援、社会保障、地方創生、医療など、ひじょうに多くの切り口で教えてくれる講義は毎回楽しみで仕方がありませんでした。私は東京大学卒業ではありますが、学生時代こんなに身を入れて勉強してこなかったことに今さらながら恥じ入ることとなりました。やはり人はいくつになっても学ばなければならない。また重ねる年輪によっても関心事は変化しますし、新たな興味が沸々と湧き出るものであることを実感できました。

 

一日のほとんどの時間を会社の中の一員としてしか過ごせないサラリーマンに、文化を語るのはしょせん無理な話でしたし、そうした話題は職場や接待の場でも敬遠されるか、変人扱いされるのがオチでした。ポスト・コロナにおいては、生活にゆとりが生まれ、自分が興味を持つ対象について時間をかけて学ぶことができるようになります。

 

NHKのBS放送の番組に「駅ピアノ」「空港ピアノ」「街角ピアノ」という番組があります。この番組は世界各国の駅や空港、街角に置かれて、誰でもが自由に弾くことができるピアノに焦点を当て、ピアノを弾く人の簡単なプロフィールと弾く曲名、そして彼や彼女に対する簡単なインタビューを通じて人々の心象に迫るというものです。

 

番組を見ていてとても驚かされるのが、音楽を専門にやっている人はむしろ少なく、エンジニア、大学の教授、清掃人、店員、学生、移民やコンサルタントなど幅広い職種の人たちが、思い思いに自らの境遇や夢を自らが奏でる曲に乗せて語る姿です。

オラガ総研 株式会社 代表取締役

1959年、アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒。ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。2006年、J-REIT(不動産投資信託)の日本コマーシャル投資法人を上場。現在は、オラガ総研株式会社代表取締役としてホテルや不動産のアドバイザリーのほか、市場調査や講演活動を展開。主な著書に『空き家問題』『民泊ビジネス』『業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊』など多数。

著者紹介

連載不動産の動きを観察すれば、日本経済がわかる

不動産で知る日本のこれから

不動産で知る日本のこれから

牧野 知弘

祥伝社新書

極地的な上昇を示す地域がある一方で、地方の地価は下がり続けている。高倍率で瞬時に売れるマンションがある一方で、金を出さねば売れない物件もある。いったい日本はどうなっているのか。 「不動産のプロ」であり、多くの…

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

牧野 知弘

祥伝社新書

不動産が高騰し続けている。 銀座の地価は1980年代のバブル期を上回り、三大都市圏と「札仙広福」(札幌・仙台・広島・福岡)の上昇が著しい。国内外の投資マネーの流入、外国人富裕層の購入を背景に、超大型ビルや再開発の計画…

不動産激変 コロナが変えた日本社会

不動産激変 コロナが変えた日本社会

牧野 知弘

祥伝社新書

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は大激変している。「不動産のプロ」であり、長く現場の動向を観察してきた著者は、そう断言する。いったい、何が変わるのか?たとえば、従来社員一人当たり三坪で計算されて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧