書籍詳細

『データで読み解く
 賃貸住宅経営の極意』

データで読み解く 賃貸住宅経営の極意

吉崎 誠二

出版社名:芙蓉書房出版

発行年月:2016年2月

1万人が聴いた人気セミナーが本になった!
サラリーマンでも、土地を持っていなくてもこうすれば賃貸住宅経営はできる!
不動産投資の正しい知識と世の中の流れを的確につかむ方法を伝授。

【目次】
はじめに:先行き不安な時代と賃貸住宅経営

第1章 いまなぜ、不動産投資をする人が増えているのか
①60年間の賃貸住宅着工戸数を振り返る/②不動産投資の3つのパターン/③増えている不動産投資の現状をデータで考察(Capレート推移)/④高まるインフレ可能性/⑤データで見る日本のインフレ/⑥インフレ下での、資産防衛策/⑦インフレと住宅賃料/⑧為替相場の今後どうなる?/⑨REIT(上場不動産投資信託)は今後どうなる?/⑩なぜ、住宅ローン低金利が続くのか?

第2章 データで不動産市況を読み解く
①日本の地価30年推移と7年サイクル論/②不動産市況7年サイクル論/③2020年まで不動産市況は大丈夫か?不動産市況のこれから/④ざっくり予測:大都市圏のこれからの不動産市況

第3章 賃貸住宅需要はまだ伸びるのか?
①賃貸住宅の賃料上昇のキザシ/②住宅需要を決める世帯数の予測/③賃貸住宅需要を占う2つの予測/④止まらない持ち家志向の減少と伸びる賃貸住宅趣向者/⑤エリア別今後20年の人口動態

第4章 これでわかる不動産投資の考え方
①投資の基本的な考え方/②土地活用における利回りの考え方と投資判断基準/③不動産投資、土地活用投資と株式投資の違い/④区分マンション投資の利回りの考え方/⑤中古区分マンション(1Rマンション)投資には十分ご注意を/⑥一棟アパート投資における投資利回りの考え方と投資判断基準

第5章 サラリーマン必読! 資産の分散と賃貸住宅経営と税金
①サラリーマン必読 日本円貯金だけで大丈夫か?/②不動産投資の種類/③不動産投資はサラリーマンにとって身近な節税策/④土地活用にはどんな種類があるのか?

第6章 賃貸住宅経営の極意
①賃貸住宅、不動産投資におけるリスク 空室、賃料下落/②空室リスク・賃料下落リスクの回避法/③空室の出にくい賃貸住宅(一棟アパート)5原則/④空室の出にくい区分マンションの原則/⑤30年後も空室の出ない賃貸住宅(一棟アパート)のつくり方/⑥メンテナンスと賃貸住宅のリフォームの原則/⑦空室の出にくい賃貸住宅 5つの視点/⑧これから20年必要な設備は何か?高まり続ける設備へのニーズ/⑨「一括借り上げ」は安心か?/⑩賃貸住宅メーカーの選び方3原則/⑪賃貸住宅管理会社の選び方3原則

あとがき:いま、賃貸住宅経営は、はじめ時か

社団法人 住宅・不動産総合研究所 理事長
不動産エコノミスト

早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。(株)船井総合研究所上席コンサルタント、Real Estate ビジネスチーム責任者、基礎研究チーム責任者、その後、ディー・サイン不動産研究所 所長を経て、現職。企業向けコンサルテーション、データ分析、市場予測などを行うかたわら、全国新聞社、地方新聞社をはじめ主要メディアでの招聘講演は毎年年間30本を超える。

著書:「データで読み解く 賃貸住宅経営の極意」(芙蓉書房出版)、「2020年 大激震の住宅不動産市場」(朝日新聞出版)「消費マンションを買う人、資産マンションを買える人」(青春新書)等10冊。多数の媒体に連載を持つ。

公式サイトhttp://yoshizakiseiji.com/

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ