バブル崩壊以後の「日本の経済成長」の実態とは?

前回は、「景気」と「GDP」の関係について説明しました。今回は、バブル崩壊以後の「日本の経済成長」の実態を探っていきましょう。

日本は20年前から「まったく豊かになっていない」!?

ここまでの連載で、GDPの成長=国内の所得の増大=景気の上昇であることを理解していただけたと思います。

 

では、実際に日本の景気=GDPはどのような状況であるのかを見てみましょう。

 

1980年代に順調に増加していた日本のGDPは、バブル景気が崩壊した1990年頃から成長の速度が鈍り始めて、90年代後半からは明らかに低迷しています。2008年のリーマン・ショック以降は、90年代前半の水準にまで戻ってしまいました。簡単に言えば、私たちは20年前から名目上はまったく豊かになっていないのです。

 

仕方ないと思う人もいるでしょう。経済成長なんていつまでも続くものではないし、グローバル時代を迎えて発展途上国には成長の余地があるだろうが、人件費も高く人口も減少している先進国がいつまでも成長できるものではない、と考える人も少なくはありません。

実質GDPで見れば、わずかな成長が認められる

では、同じ時期の日本とアメリカの名目GDPの伸び率を比較した以下の図表を見てください。1980年を100としたときの指数で比較しているので、違いが明確に分かるでしょう。

 

[図表]日本、アメリカの名目GDPの推移(1980~2012年)

※出所 IMF
※出所 IMF

 

先進国であるアメリカはリーマン・ショックの年を除けば、今もなお恐ろしいほどの勢いで経済成長をしているのです。日本はその間20年以上にわたってほとんど伸びていないばかりか、下降の兆しすら見えます。

 

でも、とあなたは思うかもしれません。実感として、20年前と比べて貧しくなったとは感じない。むしろ、インターネットやケータイの発達によって、情報やコンテンツが簡単に手に入るようになったし、物価が下がっているから豊かになっているような気がする、と。

 

おっしゃる通りです。名目上の金額でいえば、日本のGDPは増えていないものの、物価の変動による影響を取り除いた実質GDPでいえば、日本はわずかながら成長しています。そのため、20年前と比べれば実質的には、確かに豊かにはなっているのです。

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013年1月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA協会認定証券アナリスト。

著者紹介

連載貯金が減り続ける!? 到来する「インフレ時代」とは

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!