(※写真はイメージです/PIXTA)

多くの要介護系老人ホームの入居者は、入居後1年から2年以内に死亡します。それは自宅で限界まで過ごし、「もう無理」という状態になってから老人ホームに入居するケースが多いからです。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者の小嶋勝利氏が著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)で解説します。

富裕層の多くは老人ホームには入居しない

■転ホームの前に考えておくべきこと

 

転ホームには例外があります。それは、富裕層の場合は、転ホームは不要だということです。

 

みなさんは、こんな話を聞いたことはありませんか? 高級老人ホームの創業者に「あなたは、なぜ、老人ホーム事業を始めたのですか?」と聞くと、回答はおおむね2つになります。

 

1つ目は、自分の親を老人ホームに入れるために、いろいろな老人ホームを探したけれど、満足できる老人ホームがなかったため、自分で老人ホームをつくったという話、2つ目は、自分自身が入りたい老人ホームがないから自分でつくったという話です。

 

特に、自分が入りたいホームがない、という理由で老人ホーム事業に参入したケースでは、老人ホームに対する思い入れが強いため、理想的な老人ホームをつくってしまいます。しかし、この理想的な老人ホームは、多くの人にとっては、まったく現実的ではありません。

 

また、多くの富裕層は、老人ホームには入居しません。海外だけではなく日本でも、多くの本当の富裕層は、自宅に看護師や介護士を住み込ませ、親の介護看護に当たらせるのが普通です。もちろん、家屋に不便なことがあれば、自由に改修もします。数千万円の改修費など安いものなのでしょう。これが富裕層の「論」です。

 

したがって、自分が入居したい老人ホームをつくるという気持ちが、老人ホームの運営動機になっている場合、その老人ホームは高級老人ホームであるケースが多く、居室面積一つをとっても、平気で100平米とか200平米といった企画をします。

 

そして、老人ホームというよりも、億ションと言われている高級マンションに近いものが出来上がります。そして、次のようなセリフをお約束事のように決まって言います。

 

なぜ、このような老人ホームをつくったのですか?

 

「介護施設や病院みたいな老人ホームで、人生の最期を迎えることに抵抗があったからです。自宅と変わらない住環境の老人ホームで生活がしたい」

 

私に言わせれば、だったら老人ホームではなく、自宅で生活をすればよいではないですか? なぜ、老人ホームというカテゴリーにこだわる必要があるのでしょうか? ということなのですが……。この場合は、自分と同じような考えや悩みを抱えている富裕層がいるはずだ。だから、自分だけではなく、ほかの人にもこの商品を展開したかったと、彼は説明します。

 

さらに、自宅で要介護者の介護をやるということに対し、または、自宅で人が死んでいくことに対し、なんらかの違和感を持っているということもあるようです。

 

多くの日本人は、「病院では死にたくない」とか、「死ぬのは畳の上で」と言っていますが、今や人が死ぬところは病院である、という価値観が根づいているので、自宅で要介護状態から死までを一貫して過ごすことに対し、違和感を持っているようです。

 

したがって、住環境が普通の住宅とおおむね同じで、そこに介護看護サービスを付帯させるには、老人ホームというカテゴリーがひじょうに都合がよいということになります。もちろん、完全なる自宅で介護看護支援サービスを受けるよりも、はるかに経済的で合理的に行うことができます。

 

本当の「終の棲家」を獲得するということは、ごく一部の富裕層だけの話です。または、家族、一族、ともに良好な人間関係が構築できている一部の家族だけの話です。このことに早く気がつくべきです。今の多くの老人ホーム入居者は、富裕層ではありません。

 

今は、ごく普通の人が、さまざまな家族の事情で老人ホームを探し、そして入居しています。だから、これだけ多くの老人ホームが、日本社会に存在しているのです。

 

小嶋 勝利
株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

 

 

↓コチラも読まれています 

終の棲家ではない?老人ホームで入居後2年以内に死亡する理由

毎日、老人ホームに面会…嫌われる家族と好かれる家族の違い

老人ホーム入居できた途端に態度が豹変!無責任家族のはた迷惑

長女が勧めた高級老人ホーム…元経営者の父親がうんざりなワケ

老人ホームは姥捨て山?「認知症高齢者」が好まれる残酷な現実

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は小嶋勝利氏の著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    間違いだらけの老人ホーム選び

    間違いだらけの老人ホーム選び

    小嶋 勝利

    プレジデント社

    親の資産が潤沢にあれば、希望する老人ホームに入ってもらって楽になれます。しかし現実は厳しく、親の年金額内で賄える老人ホームを探すしかありません。 「介護の沙汰も金次第」。けれども、たやすく金を貯めることも、手に…

    親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

    親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

    小嶋 勝利

    日経BP

    老人ホームを探す子世代に向けて、老人ホームの特徴をタイプ別に解説し、親に合うホームの探し方を紹介。老人ホームの入居にかかる予算設定の仕方や老後資金の管理といったお金の話、ホーム生活の内幕も収録する。 お金で困ら…

    親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

    親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

    小嶋 勝利

    海竜社

    老人ホーム探しの「主役」は、一体誰なのでしょうか?もちろん「入居者」である、と答える方がほとんどではないでしょうか。しかし、多くの場合、とくに要介護高齢者用の老人ホームの場合、主として探しているのは「家族」です…

    誰も書かなかった老人ホーム

    誰も書かなかった老人ホーム

    小嶋 勝利

    祥伝社新書

    老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

    老人ホーム リアルな暮らし

    老人ホーム リアルな暮らし

    小嶋 勝利

    祥伝社新書

    今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

    もはや老人はいらない!

    もはや老人はいらない!

    小嶋 勝利

    ビジネス社

    コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ