転ホームを含めた「老人ホーム選び」が重要だという本当の理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

親の状態変化に合わせてホームを住み替えること。これが転ホームです。経年変化や病状の悪化などで、明らかに、入居時と比較し、身体状況が変化している場合は、その対応に得意なホームに転ホームをすることです。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者の小嶋勝利氏が著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)で解説します。

入居者の身体状況に合わせたホーム選び

■「転ホーム」がいかに重要であるかを説明します

 

親の状態変化に合わせてホームを住み替えること。これが転ホームです。しかし「あなたは、この本の中で、老人ホームの入居者の平均滞在期間は1〜2年だと言ったじゃないですか? 1〜2年で何度も転ホームをすることは、経済的に見ても不経済ではないのですか?」という声が聞こえてきます。

 

さらに、「ぎりぎりまで待って、老人ホームに入居をしている場合、死に向かって衰ろえていく高齢者をあちこちの老人ホームに引きずりまわすことは本当に良いことなのだろうか?」という疑問が湧いてくる方もいるのではないでしょうか?

 

私は、次のように考えています。転ホームの原理原則は、入居者の身体状況に対し、得意なホームを選んで実施すること。したがって、経年変化や病状の悪化などで、明らかに、入居時と比較し、身体状況が変化している場合は、その対応に得意なホームに転ホームをすること。ここは、ぶれないでいいと考えています。

 

また、経済的な話で言うと、入居一時金といって、入居時に多額の一時金を預け入れるようなホームも、一部の高級ホームに限って言えば、まだありますが、一般的な老人ホームの場合、入居一時金という制度は、無くなっていく傾向にあります。

 

したがって、ホーム探しの選択肢の中から、入居一時金の無いホームを選択するようにすればよいだけです。これにより、経済的な話は、引っ越し費用だけです。

 

ちなみに、この引っ越し費用も、20平米程度のスペースに入るだけの荷物しかないため、特別な経費がかかることはないと考えています。老人ホーム入居者は、実は、今はやりのミニマリストだったということです。したがって、経済的な話は考える必要はないと思っています。

 

次に、衰弱している高齢者を、あちらこちらのホームに連れまわす、ということについてですが、これは少し、考えなくてはならないことだと思います。つまり、何がなんでも転ホームということではなく、状況を見極めるということが重要になってきます。

 

たとえば、当該ホーム側と良好な人間関係が構築できている場合は、無理な転ホームをする必要はありません。最後まで、当該ホームに託す、ということも重要です。たとえ介護看護能力が足りなくても、老人ホームは医療機関ではないため、知識や技術のほかに「居心地」というものが重要になってくるからです。

 

考えてみてください。医療の場合、仏頂面で感じは悪いがスキルの高い医師と、いつもニコニコと感じは良いが、スキルが低い医師とでは、どちらに治療をしてもらいたいでしょうか? また、介護ではどうですか? 介護スキルは高いが感じの悪い介護職員と、介護スキルは、おぼつかないが、いつもニコニコして感じが良い介護職員とでどちらに介護支援をしてほしいでしょうか? ということです。

 

したがって、入居している老人ホーム側と良好な人間関係が構築できているという場合は、入居者の身体の状態を考えながら、転ホームを見合わせる、という判断もありということなのです。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

    (株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

    著者紹介

    連載失敗しない「老人ホーム選び」の鉄則

    ※本連載は小嶋勝利氏の著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    間違いだらけの老人ホーム選び

    間違いだらけの老人ホーム選び

    小嶋 勝利

    プレジデント社

    親の資産が潤沢にあれば、希望する老人ホームに入ってもらって楽になれます。しかし現実は厳しく、親の年金額内で賄える老人ホームを探すしかありません。 「介護の沙汰も金次第」。けれども、たやすく金を貯めることも、手に…

    親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

    親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

    小嶋 勝利

    日経BP

    老人ホームを探す子世代に向けて、老人ホームの特徴をタイプ別に解説し、親に合うホームの探し方を紹介。老人ホームの入居にかかる予算設定の仕方や老後資金の管理といったお金の話、ホーム生活の内幕も収録する。 お金で困ら…

    親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

    親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

    小嶋 勝利

    海竜社

    老人ホーム探しの「主役」は、一体誰なのでしょうか?もちろん「入居者」である、と答える方がほとんどではないでしょうか。しかし、多くの場合、とくに要介護高齢者用の老人ホームの場合、主として探しているのは「家族」です…

    誰も書かなかった老人ホーム

    誰も書かなかった老人ホーム

    小嶋 勝利

    祥伝社新書

    老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

    老人ホーム リアルな暮らし

    老人ホーム リアルな暮らし

    小嶋 勝利

    祥伝社新書

    今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

    もはや老人はいらない!

    もはや老人はいらない!

    小嶋 勝利

    ビジネス社

    コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ