老人ホームは終の棲家?…「転ホーム」を拒絶する家族の本音 (※写真はイメージです/PIXTA)

老人ホームは要介護状態になったら入居するものだから、一度入居したら、そこが「終の棲家」になります。そのようなイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。本当にそうでしょうか。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者の小嶋勝利氏が著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

最期まで面倒を見てくれる老人ホーム

■老人ホームは「終の棲家?」。バカも休み休み言ってほしい


 
老人ホームは、終の棲家である、と言う人が多くいます。これも老人ホーム選びの大きな間違いです。

 

私が介護職員をしていたころは、家族がホームに見学に来た際、次の殺し文句で、たいていの家族は「よろしくお願いします」と頭を下げたものです。私が家族に言っていた言葉とは「どんな状態になっても、最後まで面倒を見ます。途中で“出て行ってくれ”とは絶対に言いません。だから私のホームにお任せください」です。この言葉を聞いた家族は、安心し、すべてを託してくれました。「よろしくお願いします」と。

 

そして、残念ですが、今も基本的には、この部分はまったく進化していないと思います。

 

私は「最後まで投げ出しません。責任を持って面倒を見ます」というフレーズが、多くの家族の心に刺さることに対し、当時から違和感を持っていました。なぜなら、裏を返せば、途中で投げ出されて自宅に返されては家族は困るということだからです。

 

困った親を老人ホームに入れる家族。この構造は、今も昔もなんら変わっていません。そして、それはいったいなぜなのでしょうか? それは、入居者、つまり自身の親が、自分の生活にとって「厄介な存在」になっているからです。

 

だから、途中でホームを追い出され、返ってきては困るという前提条件があるのです。「最後まで面倒を見てくれるホーム」。この響きが、子世代にとっては、とてつもなく頼もしく思えるのではないでしょうか。

 

さらに、この話を考える時は、次のことも頭に入れておく必要があります。それは、ホーム側にとっても“せっかく獲得した入居者をそう簡単に手放すことはできない”〟という経営事情です。

 

そこで、頭の良い知恵者が次のようなことを考えました。「高齢者、特に認知症の高齢者にとって、生活環境の変化は大きな負担です。時には命取りにもなります。だから、生活の場所を転々としないほうが良いですよ」と。

 

家族は、「なるほど」となります。一度入居したら、死ぬまでそこにいたほうがいいんだ! という気づきになります。実際、私もそのようなフレーズは、たくさんの相談者や家族に、かつては話し、説明もしてきました。そして、そのたびに、家族は「うん、うん」と頷き、納得していたものです。ある意味、介護業界の常識的な考え方だったと思います。

 

今にして思うと、家族は、私の言うこのフレーズで、自分の行動や気持ちに対し、折り合いをつけていたのだと思います。自分は、邪魔な存在になった親を老人ホームに入居させている。

 

その自分の行動に対し、目の前にいる介護の専門職は、自分の背中を押してくれるどころか、自分のやっていることを正当化し、さらに正しいことだと言ってくれている。なんとありがたいことか。このまま、死ぬまでこの老人ホームで穏やかに生涯を終えてほしい、と。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/18(木)開催決定
節税、相続、贈与対策から資産形成まで
10万円から始める不動産クラウドファンディング
「グッドコムファンド」販売、緊急セミナー>>>>

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載失敗しない「老人ホーム選び」の鉄則

※本連載は小嶋勝利氏の著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)から一部を抜粋し、再編集したものです。

間違いだらけの老人ホーム選び

間違いだらけの老人ホーム選び

小嶋 勝利

プレジデント社

親の資産が潤沢にあれば、希望する老人ホームに入ってもらって楽になれます。しかし現実は厳しく、親の年金額内で賄える老人ホームを探すしかありません。 「介護の沙汰も金次第」。けれども、たやすく金を貯めることも、手に…

親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

小嶋 勝利

日経BP

老人ホームを探す子世代に向けて、老人ホームの特徴をタイプ別に解説し、親に合うホームの探し方を紹介。老人ホームの入居にかかる予算設定の仕方や老後資金の管理といったお金の話、ホーム生活の内幕も収録する。 お金で困ら…

親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

小嶋 勝利

海竜社

老人ホーム探しの「主役」は、一体誰なのでしょうか?もちろん「入居者」である、と答える方がほとんどではないでしょうか。しかし、多くの場合、とくに要介護高齢者用の老人ホームの場合、主として探しているのは「家族」です…

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ