「日本の埋没」が世界のコンセンサスになりつつある明確な理由

2021年、日本は、東京オリンピック・パラリンピックの開催国でした。開催国として、政府はワクチン接種が進めば大丈夫と繰り返しました。でも、その時、肝心のワクチンは他国依存でしか調達できなかったのです。ジャーナリストの岡田豊氏が著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社)で解説します。

【関連記事】25年間で配当5倍、利益2.5倍…給料だけ横ばいの絶望的現実

自分の頭で考え、自分のやり方を見つける

「日本の埋没」が世界のコンセンサスになりつつあります。日本の実力は、私たちの想像以上に速いスピードで衰えています。世界の中で比べると、それがはっきりします。それを認めたくない日本人が結構多いのですが、現実から目を背けていては状況を悪くするだけです。自分たちの姿をしっかり直視して、何をどうすればいいのか、一緒に自考したいのです。

 

日本は世界の中でどう生き残るのか。どう、振る舞えばいいのか。日本がどこまで凋落するのか、底はまだ見えません。残念ながら、こうした危機感は日本人に広く共有されていません。

 

いつか、日本は必ず底を脱し、反転することができると信じています。ただし、自考しなければ、それは、かなわないかもしれません。自考は、日本人にとって「最後の切り札」だと私は確信しています。

 

自考の定義【自考】

 

①自分の頭で考えて、既存のルールや価値観、やり方などを疑うこと。
他人がつくったルールや価値観、しがらみなどに、どれほど染まっているのか、自分ではなかなか気付かないものです。他者が流す情報をしっかりフォローしているつもりでも、実は毎日浴びせられる情報を鵜う呑の みにして思考せず、自分が埋もれているのかもしれません。

 

確固たる意見を持っていると自負している人も、実はそれは自分の考えではなく、他人の受け売りだったり、いつの間にか誰かに影響を受け、すり込まれているものかもしれません。

 

すべてをいったん疑い、自分の力と自分のやり方で見極めることが不可欠です。

 

②自分の頭で考えて、自分のやり方を見いだし、創り出すこと。
楽しい人生を送るために最も必要なことです。自分にふさわしいやり方を創ります。自分にとって不要なモノは捨て去り、壊します。自分の新しいやり方を創ったり、見いだしたりします。

 

そして、自分の存在を絶対的に守り抜き、楽しく、笑って生きるのです。誰もやったことがない、今までどこにもなかったやり方を生み出していいのだと思います。

 

③自分の頭で考えて、自分以外の人を受け入れること。
自分のやり方を見いだせたら、きっと自分の存在が大切に思えるのではないでしょうか。そうなれば、きっと他人のやり方を受け入れられるはずです。自分を守り抜くことができれば、他人のことも守ろうとするはずです。いわば、自考の共有です。

 

それはやがて、社会の未来を切り拓くエネルギーになっていくと思います。

 

④その他(あなたが自考して追加してください)
いつか、自考という言葉が広がって、自由にひとり歩きして、自考って何だろうという興味が広がって、自考に対する新しい向き合い方がどんどん増えていく。

 

そんな日が来ることを心から願っています。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

ジャーナリスト

1964年、群馬県高崎市生まれ。日本経済新聞記者を経て1991年から共同通信記者。山口支局、大阪支社、経済部。阪神淡路大震災、大蔵省接待汚職事件、不良債権問題、金融危機など取材。2000年からテレビ朝日記者。経済部、外報部、災害放送担当(民放連災害放送専門部会委員)、福島原発事故担当、ANNスーパーJチャンネル・プロデューサー、副編集長、記者コラム「報道ブーメラン」編集長、コメンテーター、ニューヨーク支局長、アメリカ総局長(テレビ朝日アメリカ取締役上級副社長)。トランプ氏が勝利した2016年の米大統領選挙や激変するアメリカを取材。共著『自立のスタイルブック「豊かさ創世記」45人の物語』(共同通信社)など

著者紹介

連載自分の頭で考える、自分のやり方を考える

本連載は、岡田豊氏の著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

自考

自考

岡田 豊

プレジデント社

アメリカでの勤務を終えて帰国した時、著者は日本は実に息苦しい社会だと気付いたという。人をはかるモノサシ、価値観、基準の数があまりにも少ない。自殺する人があまりにも多い。笑っている人が少ない。他人を妬む。他人を排…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ