「結局ごまかし」…アベノミクスが「未来を創造できなかった」理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

「結局、アベノミクスはごまかしだった」。金融当局の元幹部は厳しく批判します。戦後、最強の政権基盤を維持し、首相の在任期間も憲政史上最長となった安倍首相は、日本の将来を見越した「成長戦略」を実現する絶好の機会を逃してしまいました。ジャーナリストの岡田豊氏が著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社)で解説します。

アベノミクス1年後のニューヨーク投資家の衝撃予測

■財政出動、金融緩和に依存したアベノミクスの“失敗”

 

アベノミクスについて、みなさんはどう考えますか。安倍政権が2013年6月に打ち出した「アベノミクス」という言葉は実に分かりやすく、インパクトがありました。特に、世界に対して「日本はデフレ脱却に向けて頑張ろうとしている」というメッセージを伝え、日本の存在感を印象付けることに成功したと評価します。

 

アベノミクスは「3本の矢」を柱にしました。第1の矢が「大胆な金融政策(金融緩和)」。第2の矢が「機動的な財政政策(財政出動)」。第3の矢が「民間投資を喚起する成長戦略」です。

 

「3本の矢」が発表された時、私は「うまくいかないかもしれない」と一抹の不安を感じていました。なぜなら、社会や経済の規律を緩めてしまう効果もある金融緩和や、借金を重ねる財政出動は、必要な時は必要なのですが、経済政策の「王道」ではなく、いわば「邪道」ではないかと考えていたからです。所詮、他力本願にすぎないからです。

 

こうした対策に依存すればするほど、考える力が奪われます。最も大事なのは成長戦略なのですが、アベノミクスには、未来を切り拓く革新的なメニューを私は見つけられませんでした。

 

アベノミクスの異次元の金融緩和。日銀は株式を大量に購入しました。日本株に投資する上場投資信託(ETF)を年間約6兆円も買いました。株価は新型コロナウイルスの感染が広がる前までは上がりました。しかし、日銀が企業の筆頭株主になってしまうケースも頻発し、市場原理で動くはずの日本の株式市場は、日銀の「公的資金」で歪められました。日本は、まるで「社会主義経済」の様相でした。

 

アベノミクスがスタートして1年余りたったころ、ニューヨークで取材した現地の投資関係者は「アベノミクスはいずれ失敗に終わる」と予測していました。

 

アベノミクスのスタートから7年。日本経済は未来に向けた展望が見いだせないまま、日本は未曽有のコロナ禍に見舞われました。

 

アベノミクスの評価は賛否両論あります。2012年12月から2018年10月までの71カ月、景気回復を継続させました。戦後第1位の「いざなみ景気」の73カ月には及びませんでしたが、戦後第2位の長さになりました。

 

世界経済の回復を背景にしていたとはいえ、マクロ経済政策としては一定の評価に値します。しかし、最大の課題のひとつだったデフレ脱却は果たせませんでした。何よりも生産性上昇率が低下傾向をたどり、潜在成長率を低迷させました。

 

あなたにオススメのセミナー

    ジャーナリスト

    1964年、群馬県高崎市生まれ。日本経済新聞記者を経て1991年から共同通信記者。山口支局、大阪支社、経済部。阪神淡路大震災、大蔵省接待汚職事件、不良債権問題、金融危機など取材。2000年からテレビ朝日記者。経済部、外報部、災害放送担当(民放連災害放送専門部会委員)、福島原発事故担当、ANNスーパーJチャンネル・プロデューサー、副編集長、記者コラム「報道ブーメラン」編集長、コメンテーター、ニューヨーク支局長、アメリカ総局長(テレビ朝日アメリカ取締役上級副社長)。トランプ氏が勝利した2016年の米大統領選挙や激変するアメリカを取材。共著『自立のスタイルブック「豊かさ創世記」45人の物語』(共同通信社)など

    著者紹介

    連載自分の頭で考える、自分のやり方を考える

    本連載は、岡田豊氏の著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    自考

    自考

    岡田 豊

    プレジデント社

    アメリカでの勤務を終えて帰国した時、著者は日本は実に息苦しい社会だと気付いたという。人をはかるモノサシ、価値観、基準の数があまりにも少ない。自殺する人があまりにも多い。笑っている人が少ない。他人を妬む。他人を排…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ