「マンション買って、失敗した…」32歳男性を襲った、思いがけない“夜のトラブル” (※写真はイメージです/PIXTA)

7年間で約500件の不動産取引の経験を持つグランドネクスト株式会社代表・小島優一氏は、「マンション購入時の内見は、夜にもおこなうべき」と語ります。その理由をみていきましょう。

【関連記事】自宅に「家を売りませんか?」というチラシが入る怖い理由

じっくりと吟味したのに…マンション購入後の「後悔」

マンションの購入は、人生でそう何度もあることではないでしょう。そのため筆者は、不動産会社の担当者が嫌がったとしても、納得いくまで現地を確認したり内見したりすることをおすすめしています。

 

都内の大手企業に勤めるAさん(32歳)も、じっくりと吟味してマンションを購入した一人です。家賃よりも月々のローン支払いの方が安かったため、1LDKの中古マンションを購入しました。

 

しかし何度も内見をしたマンションですが、夜、思いがけない騒音に悩まされることになり、すでに購入を後悔していると言います。

 

Aさんのように、購入したマンションに入居してから、夜間の問題に悩まされている人は数多くいるのが事実です。そこで、なぜ昼間の内見だけでは不十分なのか、夜のマンションにはどのような問題が起こり得るのかについてみていきましょう。

 

■マンション購入後の失敗と後悔

 

 

夜に限らず、マンションを購入してから「失敗した」と感じたり後悔したりするケースはかなり多くあります。特に多いのが、騒音問題、近隣問題、周辺の環境問題の3つです。それぞれにどのような問題が生じているのか、不動産会社の目線から解説していきます。

 

●騒音問題

 

マンションをはじめとした集合住宅で起こりやすい騒音問題。建物の外からの音と、隣・上下の部屋からの音があります。一般的に、建物の外が静かであると、隣家からの音が目立つため問題になることが多いようです。

 

●近隣問題

 

隣・上下の部屋との間に起こる問題は、音だけではありません。音以上に深刻な問題になる場合があるのが「におい」です。バルコニーで吸うタバコのにおい、ペットのにおいなどがあげられます。

 

また最近では、香りの強い洗剤や柔軟剤のにおいが引き金となってトラブルに発展した事例もあります。

 

●周辺環境問題

 

周辺環境の問題には、さまざまなものがあります。学校や幼稚園から響いてくる音や、近くの公園やコンビニエンスストアにたむろしている若者たちの話し声などが挙げられます。

 

また、入居前には予定のなかった建物や施設が建つことで、景観や日照が遮られるといった問題も挙げられます。

グランドネクスト株式会社 

グランドネクスト株式会社(https://www.grand-next.jp/company)

生年月日 1977年生まれ

出身校  早稲田大学卒

資格  ファイナンシャルプランナー

職歴  大学卒業後、外資系保険会社に就職、その後、大手不動産会社に勤務後にグランドネクスト株式会社を設立し現在に至る

目標  現在、1都2県に展開している「グランドネクスト不動産」とWebメディアの「不動産購入の教科書」を100年継続させ、世界中の幸せの総量を増やすことに貢献すること

著者紹介

連載不動産会社の「嘘」に騙されないために

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ