決着!新築マンション vs. 中古マンション論争…「日本の不動産価格は上昇中」だが本当に買うべきはどっちか? (※写真はイメージです/PIXTA)

「新築マンション vs. 中古マンション」。新築信仰が根強い日本ですが、どちらにもメリット・デメリットが存在します。7年間で約500件の不動産取引の経験を持つグランドネクスト株式会社代表・小島優一氏が解説していきます。

【関連記事】自宅に「家を売りませんか?」というチラシが入る怖い理由

「新築 vs. 中古」マンション購入でお買い得なのは

マンションを購入しようと考えたとき、新築か中古か、どちらを買うべきか迷うポイントです。

 

Aさん(33歳・会社員)も、その一人です。産休と育休を取っていた妻が復職したのをきっかけにマンションの購入を検討していますが、新築と中古のどちらを買えばよいか迷っています。

 

妻は新築の購入を希望しているものの、Aさんは高い値段に見合った価値があるのか悩んでいるところです。

 

ここでは、Aさんのように悩んでいる方に向けて、新築マンションと中古マンション、それぞれを購入するメリット、デメリットを紹介します。どちらを買ったほうがお得になるのだろうかと迷っている方は、参考にしてください。

 

どっちを買うべき?

グランドネクスト株式会社 

グランドネクスト株式会社(https://www.grand-next.jp/company)

生年月日 1977年生まれ

出身校  早稲田大学卒

資格  ファイナンシャルプランナー

職歴  大学卒業後、外資系保険会社に就職、その後、大手不動産会社に勤務後にグランドネクスト株式会社を設立し現在に至る

目標  現在、1都2県に展開している「グランドネクスト不動産」とWebメディアの「不動産購入の教科書」を100年継続させ、世界中の幸せの総量を増やすことに貢献すること

著者紹介

連載不動産会社の「嘘」に騙されないために

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ