なぜ3C分析で他社に勝てる事業戦略を立てることができるのか (※写真はイメージです/PIXTA)

3C分析は基本的なマーケティン手法です。自社の状況と外部の環境について整理できるため、今後の戦略に大きく貢献します。自社が他社に勝る部分や、成功要因、武器を見つけることができるため、とるべき戦略や事業の方向性が見えてきます。著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

自社のマーケティング要素の把握を

3C分析での自社分析については、次のようなマーケティング要素について、次表を使って現状確認を行い、課題を抽出します。事業が複数ある場合は、事業毎に作成します。

 

(1)ターゲット顧客とニーズ

ターゲット顧客とニーズについての説明は、新規事業のSTPの項を参考に、現在の顧客とそのニーズについて記述します。顧客層が複数いる場合は、分けて記載します。

 

(2)商品・価格

マーケティングの4Pのうち、商品・サービス(Product)及び価格(Price)について、その特徴や現状の問題点、競合との価格対比による優位性の有無等について検討します。

 

(3)ビジネスモデル

現在採用しているビジネスモデルとその課題について記述します。事業によってはビジネスモデルの要素を変えた方がいい場合や、他社が異なるビジネスモデルで競争を挑んできている場合など、その対処方法を検討する糸口となります。ビジネスモデルについてはビジネスモデルの項を参考にしてください。

 

(4)販売方法・広告宣伝方法

この部分は、マーケティングの4Pのうちの、販売チャネル(Place)と広告・宣伝(Promotion)について、現在の販売方法の特徴とその課題について記述します。現在の売り方、広告宣伝方法でよいのか検討します。

 

(5)競合・強み・弱み

この商品・サービスまたは事業での競合先をリストアップし、競合先に対する自社の強みや弱みを記述します。競合分析は、別途より細かく情報収集して行います。

 

(6)売上高・利益率・従業員数

これは、あとで他社と比較するために記述する項目ですが事業規模や収益性の善し悪し、抱える従業員数、体制等を記載します。

 

(7)重要成功要因

重要成功要因とは、その事業で成功するために必要な重要な要素のことで、事業によって異なります。価格が重要なケースもあれば、販売力が重要なケース、商品力が重要なケース等事業毎に異なりますから、それが何かを把握します。

 

後で競合との対比も行いますが、同じ業界にいても企業によって重要成功要因が異なることがありますから、まずは自社について確認を行います。

 

 

ポイント
いろいろな情報ソースから競合他社の状況を把握する

 

井口 嘉則
株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/18(木)開催決定
節税、相続、贈与対策から資産形成まで
10万円から始める不動産クラウドファンディング
「グッドコムファンド」販売、緊急セミナー>>>>

 

↓コチラも読まれています 

 

「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

「不動産小口化商品への投資」が相続税対策になる納得の理由

日米比較にみる、富裕層が「アメリカ不動産」に投資するワケ

これまでの富裕層の「節税」では危ない?…不動産価値の見極め方

投資家必読!投資してもいいソーシャルレンディングの見分け方

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ