目標を「達成できる人」と「挫折してしまう」人の決定的な違い (※写真はイメージです/PIXTA)

目標を達成できる人は、考え方や行動に特徴があります。しかも組織内に目標をブレークダウンする際には、目標を持たせる人たちに、その目標の意味付け、意義付けを本人に行わせる必要があります。著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します

【関連記事】自社の経営に取り込め!最新「儲かるビジネスモデル」を学ぶ

事業計画の目標は低すぎず、高すぎず

事業計画を立てる時の目標設定には頭を悩ませられます。高すぎると達成不可能な感じがしてきますし、低いと安心できますが、その程度でいいのかという疑問も湧いてきます。

 

目標設定の際には、以下の要素を考慮に入れると良いでしょう。

 

(1)利害関係者から求められる目標:ミニマムリクワイアメント

株主や出資者から求められる利益目標レベルというのがあります。最低限これはクリアしなければならないでしょう。

 

(2)現在の実力で達成可能な目標:実力値

現在持っているマンパワーや経営資源、ノウハウ等を考慮して達成可能な目標。これは達成可能なレベルですから、これより上を目指します。

 

(3)競争優位性を維持するための目標:競争優位性

市場の成長スピードよりも低い成長率を目標とした場合には、競合他社に対して相対的に劣後していきますから、時間が経つにつれ不利になります。ですから、通常は市場の成長性よりも少し上を狙います。

 

また、競合他社が強気に出て来たときは、様子見をし過ぎると手遅れになりかねないので、一定の対抗策を打ち出す必要があります。

 

(4)ビジョンとの整合性

経営ビジョンは定性目標、経営目標は定量目標というふうに言い換えられるように、経営ビジョンで掲げる将来の目指す姿と経営目標で掲げる定量目標とは、同じものを指している、すなわち整合性がとれている必要があります。

 

ただし長期ビジョンと中期経営目標という組み合わせの場合は、長期と中期という時間軸の差がありますから、同じものである必要はありません。

 

(5)戦略での達成可能性

戦略を先に立てるか、目標を先に立てるかにもよりますが、最終的には、戦略を遂行して仮にうまく行ったのであれば、その先の目標が達成できるようになっている必要があります。

 

もちろん、戦略が思ったような成果を上げられず、目標未達に終わることもありえますが、計画立案段階では、戦略が成功すれば達成できるような目標になっている必要があります。

 

(6)マネージャーや社員のモチベーション

戦略の実行部隊は、現場ですから、現場のマネージャーや社員がやる気を出さないと、戦略遂行がうまく進みません。

 

一般に、ふつうの人は自分で目標設定する場合は、1割アップぐらいが身の丈に合った目標です。それが、3割アップとなると、「そんなの無理だ!」となって、最初から諦めてしまいます。

 

一方、何か一つ目標達成ができると、自信が湧いてきて、「できる感」が増してきます。

 

上に立つ人間は、こうした人の気持ちのあや、人間心理を読んで目標の打ち出しをする必要があります。

 

歴史上大きなことを成し遂げてきたリーダーたちは、皆高い目標を掲げて組織を引っ張ってきました。当初は無謀に思える高い目標も一つ一つ小さな目標を達成して積み上げていくと、組織の勝ちグセが出て来て、いつの間にか達成できるようになります。

 

そうした、人の心のやる気や自信というものをうまく掴んで、より大きな目標達成ができるといいですね。

 

ポイント
目標設定はまずは高目に置いてみる

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5月16日(月)開催
高いリターンと⼀括償却の節税が可能新しい投資商品
「国の補助金(4500万円)×太陽光発電×マイニング事業」
緊急セミナー[法人様限定] 詳しくはこちら>>>

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ