なぜ日本人は「新しい建物」が好きなのか…新築信仰が生まれた背景を探る

日本では、今日も各地で大規模な開発が進み、新たな建築物が建設されている一方、古くからの歴史ある建物が取り壊され、失われています。歴史ある建物は、保存だけではなく活用することで、地方創生にもつながる可能性があるのです。本記事では、歴史的建築物の再生・活用を中心に活躍する一級建築士の鈴木勇人氏が日本における「新築信仰」の背景について解説していきます。

【関連記事】耐震性にも影響…「高温多湿の日本では、通風のいい家がよい」という“とんでもない誤解”

建築の理解が浅く、建物の文化的価値を知らない日本人

このように歴史的価値のある建築物に関して、すでに解体された、あるいは解体の予定があるというケースは枚挙にいとまがありません。なぜ日本では、新しい建物が次々に建設され、貴重な建物がこれほどまでにあっさりと姿を消してしまうのかについては、理由はさまざまです。

 

一つには、経済効果です。新しい建物ができると、多くの人たちが集まるようになり、雇用も生まれてきます。分かりやすい例が、大阪の「あべのハルカス」や東京の「東京スカイツリー」です。この二つの建物の登場によってまちの雰囲気も変わりました。

 

あべのハルカスのある大阪市阿倍野区や東京スカイツリーのある墨田区は、どちらもかつては下町的雰囲気をもつエリアでしたが、より洗練されたお洒落なイメージがそこに加味されたのです。

 

こうしたインパクトのある建物が登場すると、経済的な刺激も大きくなります。あべのハルカスや東京スカイツリーのようなランドマーク的な建物に限らず、地方では「イオンモール」が一つできるだけで地域経済に大きな刺激を与えます。新しい建物は経済をまわす働きがあるのです。

 

また、日本人は新しい建物を好むといった面もあるといえます。規模の大きな建築物もそうですが、マイホームに関していえば、それはより顕著となります。「信仰」ともいえる新築へのこだわりが日本人にはあるのです。

 

総務省の「平成30年住宅・土地統計調査」によると、日本の総住宅数は6240万7000戸です。そのうち持ち家は3280万2000戸。持ち家率は61.2%です。

 

持ち家のうち新築で建てたもの、新築住宅を購入したもの、建て替えしたものを合わせると7割近くにのぼります。平成28(2016)年から平成30(2018)年9月にかけて建てられた住宅に関しては建て替えも含めて9割以上が新築住宅です。

 

新築住宅を好むということは、中古住宅が視野に入っていないことを意味します。これは住宅以外の建物に対しても反映されており、古い建物が次々に消えていくことにつながっていると私は考えています。

 

さらにいえば「建築文化への理解」がまだ日本では進んでいないということも指摘できます。文化としての価値に気づかないため、失われたとしても「痛み」を感じないというわけです。また、文化的価値は認めたとしても、多額なお金をかけてまで守る必要はないという判断があるのかもしれません。

 

本当はお金をかけてでも守りたいものの、現実的に「ない袖は振れない」というケースもあります。ユニチカ記念館はまさにそれに該当します。実際に維持費や改修費を捻出できずに解体されたケースも星の数ほどあるのです。

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

 

ボーダレス総合計画事務所 代表取締役

千葉工業大学工学部建築学科を卒業。1998年1級建築士取得。有限会社鈴木設計に入社し、2001年に同社の専務取締役に就任したのち、2004年に代表取締役に就任する。建築物が社会に与える影響を重視し、「対話を重ねた建築」を指標に掲げ、歴史的建築物の再生・活用を中心とした建築設計に従事。2016年に福島県建築文化賞「復興賞」、2012年に日本建築士会連合会賞「優秀賞」など、多数の受賞歴を持ち、福島県を中心に再生建築の重要性を説く講演活動も行う。2022年2月には京都工芸繊維大学ヘリテージ・アーキテクト養成講座を修了するなど、新たな職能から「まちづくり」に挑戦している。

著者紹介

連載連載>地方創生は古い建築物を見直せ

地方創生は古い建築物を見直せ

地方創生は古い建築物を見直せ

鈴木 勇人

幻冬舎メディアコンサルティング

真の地方創生とは―― 福島県の復興を担ってきた建築家が示す、 伝統ある建築物の可能性とその活用法 日本の古い建築物が次々と取り壊されています。 経済効果を生まないという極めて短絡的なもので、スクラップ&ビルド…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ