(※写真はイメージです/PIXTA)

勤勉だった会社員の兄は、仕事でトラブルを起こしてから引きこもり状態に。心配した両親は貯金に励みますが、父親が亡くなって以降、母親の財産を好き勝手に使いはじめました。弟は苛立ちますが、じつはそれ以上に、母親と兄の将来に不安を感じています。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに、生前対策について解説します。

【関連記事】兄、独居の母へ仕送り20年…近居の弟、豪邸建築の「藪の中」【相続のプロが解説】

仕事につまずき、引きこもりになってしまった長男

今回の相談者は、50代会社員の山田さんです。高齢となった母親の相続をはじめとする、家族の問題に頭を痛めているということです。

 

山田さんの母親は80代ですが、心身ともにしっかりしています。いまは埼玉県の自宅で、60代になった山田さんの兄と同居しています。

 

山田さんの兄は、高校卒業後に地元企業へ就職したものの、30代のときに仕事で大きな失敗をしてしまい、退職。その後に何度か転職しましたが、うまくなじめず、以後はずっと自室に引きこもっている状態です。家族間の会話もほぼありません。

 

父親は10年以上前に他界しています。父親の相続の際、預貯金はすべて母親が、実家の家と建物は、母親と兄の1/2の持分として名義を書き換えています。山田さんは何も相続していません。

 

父親は大手企業の部長職で、給料も年金もかなり高額でした。両親は山田家の長男である兄の将来を心配し、かなり倹約して預金を残したようです。家は築古ですが、こまめにリフォームをしており、外観も機能性も問題はありません。

父亡きあと、兄は好き勝手に振舞いはじめ…

山田さんは母親の預貯金を心配しています。父親亡きあと、兄は母親のクレジットカードで買い物を繰り返すなど、貯金を好き勝手に使っています。母親はしきりに山田さんに不満をこぼしますが、山田さんがカードの解約などをアドバイスしても行動せず、結局は兄のいいなりです。

 

「私には仕事があり、妻子もいます。自宅も買いました。ですから、兄に実家を渡すのは構わないのです。しかし、預貯金についてはどうなのでしょうか。兄を心配した両親が、生活費を削って積み上げたお金です。昔は同情したときもありますが、いまは自分勝手な兄に怒りを感じます。あんまりではないでしょうか」

 

しかし、山田さんの怒りの理由はそれだけではありませんでした。

 

「この間、また母親から電話がありまして。とうとう兄に遺言書を書くよう迫られ、書いてしまったというんです。でも、内容を聞くと〈それは教えられない〉と。そんな話ってありますか? 母の財産ですから、母が納得しているなら仕方ありませんが、それでも、今後の生活があるわけです。少なくともいまの資産状況や遺言書の内容は、私にも知る権利があると思うんです」

 

山田さんが強い不満を抱いていることは明らかでした。

 

山田さんは母親の資産状況も遺言書の内容も知らされず、一方の兄はすべての情報を握っています。兄とは電話ですら話ができないというなか、事前に打つ手はないかと筆者のもとを訪れたとのことです。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ弟が粘り強く働き掛けた結果…

あなたにオススメのセミナー

    本記事は、株式会社夢相続のサイト掲載された事例を転載・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ