長男の援助要請「家を買うからお金出して」…応じた高齢父の密かな決断【相続のプロが解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

高齢男性のもとに入った1本の電話は、疎遠な長男からの資金援助の要請でした。男性は、広い家に住み替えたいという長男へ贈与を決意する一方、近居の長女に不動産をすべて相続させるとの遺言書を作成します。男性の行動には、長年積み重なったある思いがありました。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに、生前対策について解説します。

【関連記事】兄、独居の母へ仕送り20年…近居の弟、豪邸建築の「藪の中」【相続のプロが解説】

疎遠な長男一家・親密な長女一家

今回の相談者は、神奈川県在住の70代の佐藤さんです。佐藤さんは公務員を定年退職後、現在は悠々自適の隠居生活です。佐藤さんの一族はこの近辺の地主であり、佐藤さんも広い自宅敷地を相続しています。また、これまでの生活も堅実で、老後資産の心配はありません。

 

佐藤さんの妻は15年前に亡くなりました。また、佐藤さんには長男と長女の2人の子どもがいます。

 

長女は短大を卒業後すぐに嫁ぎましたが、生まれた子どもたちの年齢が近く、子育てが大変だったことから、妻が実家の近くに呼び寄せようと提案しました。賛成した佐藤さんは、自宅から数分の場所に長女一家の暮らす家を購入しました。

 

長男は勤務先の関係で埼玉県に暮らしています。実は佐藤さんは長男とあまり折り合いがよくありません。妻が存命中は、長男と連絡を取り合っていましたが、妻が亡くなって以降、ほとんど交流が途絶えている状況です。

 

しかし、近居の長女一家が頻繁に訪問してくれるため、寂しさや不安はありません。

要求ばかり突き付け…あてにならない長男にウンザリ

先日、ずっと音沙汰なしだった長男から突然連絡がありました。話を聞くと、自宅購入のための資金を援助してほしいとのことです。長男は結婚が遅かったのですが、子どもたちが成長して家が狭くなったため、広いところへ移りたい、配偶者の両親と同居する予定もある、ということでした。

 

話を聞いた佐藤さんは、長男には相続財産の前渡しとして自宅の購入資金を贈与し、自宅と長女が住む家は、長女に相続させようと決意しました。

 

しかし、佐藤さんには心配なことがあります。相続のとき、長男が多くの財産を要求し、長女と揉めはしないかということです。長男の妻ははっきり自己主張するタイプで、結婚後、まだ数回しか顔を合わせていないにもかかわらず、「私たちは別世帯です。家と家のお付き合いは致しません」といい放つなど、衝撃を受けたことがありました。また、佐藤さんの妻が亡くなったとき、相続財産について遠慮のない質問を繰り返すなど、正直、苦々しく思っている部分もあります。

 

佐藤さんは、自分亡きあと、長女を守るにはどうすべきか整理しておきたいと考え、筆者の事務所を訪れたのでした。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。

著書65冊累計58万部、TV・ラジオ出演127回、新聞・雑誌掲載810回、セミナー登壇578回を数える。著書に、『図解でわかる 相続発生後でも間に合う完全節税マニュアル 改訂新版』(幻冬舎メディアコンサルティング)、『図解90分でわかる!相続実務士が解決!財産を減らさない相続対策』(クロスメディア・パブリッシング)、『図解 身内が亡くなった後の手続きがすべてわかる本 2021年版 (別冊ESSE) 』(扶桑社)など多数。

◆相続対策専門士とは?◆

公益財団法人 不動産流通推進センター(旧 不動産流通近代化センター、retpc.jp) 認定資格。国土交通大臣の登録を受け、不動産コンサルティングを円滑に行うために必要な知識及び技能に関する試験に合格し、宅建取引士・不動産鑑定士・一級建築士の資格を有する者が「公認 不動産コンサルティングマスター」と認定され、そのなかから相続に関する専門コースを修了したものが「相続対策専門士」として認定されます。相続対策専門士は、顧客のニーズを把握し、ワンストップで解決に導くための提案を行います。なお、資格は1年ごとの更新制で、業務を通じて更新要件を満たす必要があります。

「相続対策専門士」は問題解決の窓口となり、弁護士、税理士の業務につなげていく役割であり、業法に抵触する職務を担当することはありません。

著者紹介

連載相続のプロが解説!人生100年時代「生前対策」のアドバイス事例

本記事は、株式会社夢相続のサイト掲載された事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ