都内再開発の失敗…五輪に振り回された「有明エリア」の悲運

現在都内の各所で行われている再開発。しかし、街が再開発されたからといって、必ずしも繁栄につながるとは限らないと、住宅ジャーナリストの榊淳司氏はいいます。失敗の例として榊氏が挙げた江東区の有明について、悲運の歴史をみていきましょう。

【関連記事】終の棲家に「タワマン」を買う金持ち高齢者が直面する、悲惨な事態

再開発が街の繁栄に直結するとは限らない

東京という街の量的な拡大は、すでにその必要性が消えてしまった。しかし、質的な向上はこれからも望まれる。また、質的な向上は「再開発」という名目の下で順次各所で行われている。

 

渋谷や品川エリアでは、街の容貌が一変するほどの大きな開発が行われている。湾岸エリアは五輪関係の開発が盛んだ。池袋や新宿エリアでも、意欲的な開発が行われている。

 

2050年の東京では、そういった開発がひと通り終わっているだろう。また、これから計画される開発も終わっていることだろう。それで東京という街の風景は、変わるところは変わる。しかし、変わらないところは変わらない。

 

私は、街というものは生き物だと考えている。繁栄する街は、ある程度放っておいても繁栄する。そこに人間が上手に手を加えれば、さらに繁栄する。六本木や表参道、代官山などが、そのいい例ではないか。あるいは、やや放置気味の銀座や歌舞伎町といった街も、それなりの繁栄を享受している。

 

今後、2050年までに再開発される街は多いはずだが、再開発されたからといって、必ずしも繁栄につながるとは限らない。

 

2020年までは、東京もそれなりに成長してきた。多少へたくそな再開発でも、何とかごまかしが利(き)いたのがこれまでだ。しかし、次の30年は東京という街は収縮期に入る。これからの東京は、再開発の方向を誤れば無残な姿を晒(さら)すだけになるかもしれない。

江東区有明の「虚しい情景」

20世紀の都市設計者が作り上げた街は、東京にもある。そのいくつかは今、私たちにかなり虚しい情景を見せている。その代表例は、東京五輪の競技会場が集中する江東区の有明ではないか。

 

あの荒漠とした風景を見ていると、心までもが寒々しくなる。人間がゼロから街を設計すると、えてしてああなってしまうのだ。

 

どこを歩いても楽しくない。延々と同じ風景が続くように思える街並み。いかにも無機質で不自然で人工的な風景である。そうした街で育った子どもは、その風景の中で多感な成長期を過ごすのだ。彼らは大人になった時に、どういう心象風景を持つことになるのだろうか。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

住宅ジャーナリスト

1962年、京都府生まれ。同志社大学法学部および慶應義塾大学文学部卒。1980年代後半から30年以上、マンションの広告・販売戦略立案に携わる。その経験を生かし、購入者側の視点に立ちながら、日々取材を重ねている。著書に『マンションは日本人を幸せにするか』(集英社新書)、『マンション格差』(講談社現代新書)、『すべのマンションは廃墟になる』(イースト新書)などがある。

著者紹介

連載人気住宅ジャーナリストが分析!土地・不動産価値の観点からみる「未来の東京」

※本連載は、榊淳司氏の著書『ようこそ、2050年の東京へ』から一部を抜粋・再編集したものです。

ようこそ、2050年の東京へ

ようこそ、2050年の東京へ

榊 淳司

イースト・プレス

東京にとって1960年から90年は、「高度経済成長」による拡大・発展の30年間だった。それから現在までは「失われた20年」を経て、停滞する30年間を過ごした。では、成長を期待できない日本において、首都・東京が歩むこれからの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧