「新卒採用」を続けた中小企業の大きな勝利【宮城県の事例】 (※写真はイメージです/PIXTA)

新卒社員が採用できず存続が危ぶまれている中小企業が急増しています。そうしたなかで宮城県中小企業家同友会は大学や高校とコミュニケーションをとり、新卒採用の実績を上げています。※本連載は、清丸惠三郎氏の著書『小さな会社の「最強経営」』(プレジデント社、2019年10月刊)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】新入社員に「洗礼を浴びせる」会社が採用に強いのはなぜか?

新卒定期採用が地域を活性化

まず取り上げたいのが宮城県中小企業家同友会である。宮城同友会は1974年に設立され、現在、およそ1100人の会員が在籍している。うち「共同求人」活動には、直近ではおよそ80社が参加している。全国の同友会の中でも「共同求人」活動に積極的な会だと言われているが、参加企業が会員の1割を切っている数字が、共同求人活動、定期的な新卒採用の難しさを象徴していると言えなくもない。

 

宮城同友会代表理事で、共同求人委員会委員長を務めたことのある日東イシダ会長の鍋島孝敏氏がここに至るまでの経緯を、次のように語る。

 

「私が同友会に入会したのは、95年。宮城同友会ではすでに共同求人委員会ができていました」

 

51年生まれの鍋島氏は、慶應義塾大学を出て日本交通公社(現・JTB)に入社。その後、日東イシダに移ると、社長である父親の下で専務を務め、採用担当を任された。同社ではすでに76年から新卒の定期採用を始めていた。一人で県下の大学、専門学校、高校を走り回るが、どの学校でもまともに取り合ってもらえず、はかばかしい成果は得られなかった。そこで同友会の共同求人委員会に加わることにしたのだという。

 

「共同求人委員会には10社ほどが参加しており、求人雑誌を発行したり、合同会社説明会をやったりしていました。これは大変助かる、一人では回りきれない学校とも関係がつくれると思ったものです」

 

その時点での宮城同友会の会員は800人弱。共同求人活動に参加しているのは、新卒社員を採用したい企業だけなので、活動費は受益者負担、すべて参加企業持ちだった。そうしたこともあり、「共同求人活動に参加しよう」と会員たちに声をかけ続けたが、先に挙げたような理由に加え、わずかな経費負担をも忌避する空気があり、参加企業は増えなかった。

 

抜本策はないものか、鍋島氏らは必死に情報を求めた。着目したのは各地の同友会が取り組み始めていた「三位一体経営」と呼ばれるものだった。「経営指針を作成し、ついで新入社員の定期採用をスタートさせ、彼らを同友会理念に沿って教育していく」という考えである。「共同求人」を始めるに当たって、北海道同友会の大久保氏らが究極的な理想としてきたものも、多分そうしたものであったろう。

 

鍋島氏らは急がば回れで、経営指針成文化運動の取り組みに積極的に参画する。自らも「経営指針を創る会」に参加する一方、仲間を募った。

 

「いま人手が充足していたとしても、10年後、20年後はどうなんだ。今のうちに若い人を採用しておかないと、平均年齢がドンドン上がり、そして最後には誰もいなくなるんじゃないの。経営理念を創り、経営計画書に定期採用しますと明記しておけば、新卒者も安心して入社してくれると思うよ」

 

そうした内容のことを会員に語りかけながら、「半ば強引に共同求人活動参加メンバーを増やしていったのです」と鍋島氏は振り返る。

 

ジャーナリスト
出版・編集プロデューサー

1950年石川県小松市生まれ。早稲田大学第一政治経済学部卒。人間科学修士(教育学)。

日本短波放送(現・日経ラジオ社)報道部プロデューサー、記者などを経て、ダイヤモンド・タイム社(現・プレジデント社)入社。

「ビッグ・サクセス」「プレジデント」編集長、取締役出版局長などを歴任。

この間、「プレジデント」をビジネス誌NO1に。1997年歴思書院を設立、以降、出版・編集プロデューサーの傍ら、「中央公論」「週刊東洋経済」「夕刊フジ」などを舞台にジャーナリストとして活躍。

主な著書に「出版動乱」「ビア・ウォーズ」(以上東洋経済新報社)、「ブランド力」「数字で楽しむ日本史」(以上PHP研究所)、「北陸資本主義」「地方の未来が見える本」「江戸のベストセラー」(以上洋泉社)などがある。

著者紹介

連載大企業経営者をも魅了!中小企業「経営者団体」の秘密

※初出:清丸惠三郎著『小さな会社の「最強経営」』(プレジデント社、2019年10月11日刊)、肩書等は掲載時のまま。

小さな会社の「最強経営」

小さな会社の「最強経営」

清丸 惠三郎

プレジデント社

4万6千人を超える中小企業の経営者で構成される中小企業家同友会。 南は沖縄から北は北海道まで全国津々浦々に支部を持ち、未来工業、サイゼリヤ、やずや、など多くのユニークな企業を輩出し、いまなお会員数を増やし続けて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧