集団辞職で天国から地獄へ…従業員から突き付けられた社長失格 (※画像はイメージです/PIXTA)

お客様の満足のため「1個在庫・多品種展示」、「料理道具ヲタク」のいる店とメディアで取り上げられ、業績は増収増益へ。有頂天になっている社長に突きつけられた集団辞職が…。※本連載は飯田結太氏の著書『浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟』(プレジデント社)を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

ある日突然、「集団辞職」が始まった

■まさかの集団辞職で天国から地獄へ

 

お客様の満足のために効率を捨て、1個在庫・多品種展示を選び、実際に道具を使って販売する「料理道具ヲタク」のいる店として、飯田屋はさまざまなメディアに取り上げられました。世間からは「いい会社」と褒めたたえられるようになったのです。

 

お客様もどんどん増え、業績は増収増益へ。そんな変化に、会社がいい方向へ進んでいる手ごたえを実感していました。

 

ところが、ある日突然、悪夢のような集団辞職が始まります。

 

実はその当時、社内の雰囲気は最悪でした。従業員休憩室からは絶え間なく愚痴や批判の声が漏れ、仲間の陰口を叩く者、同僚のミスを笑う者、人の足を引っ張る者がはびこり、従業員を募集してもすぐに辞めてしまう状況が続いていました。

 

「世間から注目されるこんな〝いい会社〞で働いているっていうのに、どこに不満があるんだ!? 売上も上がって、未来は明るいはずなのに!」

 

彼らの態度を理解しようとするどころか、憤りすら感じていたくらいでした。

 

そんな僕を嘲笑うかのように、その日は突然やってきました。役職者である営業課長を含む半数を超える社員が一斉に「辞めたい」と言い出したのです。

 

「なぜ辞めるんだ?」と理由を尋ねると、「実家の母の体調が悪く、介護が必要になったため辞めたい」と言います。介護であれば仕方ないかと渋々了承し、ほかの社員にも退社の理由を尋ねます。

 

すると、「実家の母の体調が悪いため辞めたい」と同じ理由。ほかの社員も一様に「家庭の事情があって」と言います。なぜ、こうも一斉に家族の具合が悪くなるのか……。

 

僕は、彼らが辞めたい本当の理由をまったく理解できずにいました。なぜなら、経営状況はかつてないほどの改善に向かっていたからです。いよいよ、従業員の給与を上げることも、待遇を改善することもできる時期にさしかかっていました。

 

「ここで辞めたらもったいない!」と、必死に彼らを引き止めました。

 

でも、「一刻も早く辞めたい」の一点張りで、まるで聞く耳を持ってはくれません。「せめて次の従業員が決まるまで働いてほしい」とお願いし、渋々勤務を続けてもらうような状況でした。

 

そんな中でも、メディアからの取材依頼は絶えません。飯田屋をこれからもっと「いい会社」にしていくために、メディア対応に追われる日々を過ごしました。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】12/11(土)開催決定
投資家必見!銀行預金に代わる新しい資産運用!
「ソーシャルレンディングの見分け方」
緊急セミナー 
詳しくはこちら>>>

株式会社飯田代表取締役社長

大正元年(1912年)に東京・かっぱ橋で創業の老舗料理道具専門店「飯田屋」6代目。料理道具をこよなく愛する料理道具の申し子。TBS「マツコの知らない世界」やNHK「あさイチ」、日本テレビ「ヒルナンデス!」など多数のメディアで道具を伝える料理道具の伝道師としても活躍。自身が仕入れを行う道具は必ず前もって使ってみるという絶対的なポリシーを持ち、日々世界中の料理人を喜ばせるために活動している。監修書に『人生が変わる料理道具』(枻出版社)。2018年、東京商工会議所「第16回 勇気ある経営大賞」優秀賞受賞。

著者紹介

連載浅草かっぱ橋商店街で営業方針は「売るな」で大繁盛

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

飯田 結太

プレジデント社

効率度外視の「売らない」経営が廃業寸前の老舗を人気店に変えた。 ノルマなし。売上目標なし。営業方針はまさかの「売るな」──型破りの経営で店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成。 廃業の危機に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!