なぜ「やること」より「やらないこと」を決めることが大切か? やりたいことより、やらないことを決めると商売は繁盛するという。

時間は有限です。これまでを振り返ると、3つのやらないことを決めたことが飯田屋に繁盛と、互いが助けあう職場環境をもたらしました。一つひとつの商いを大切にするために「やらないこと」と決めることは、「やること」を決める以上に大切だといいます。飯田屋6代目店主が著書『浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟』(プレジデント社)で解説します。

【関連記事】「ピザじゃない、ピッツァだ!」手書きPOPで売り上げ4倍に

「やらない」ことを決めると繁盛する理由

■やりたいことよりもやらないこと

 

一つは、料理道具以外の品揃え。
二つは、価格競争。
三つは、売上目標やノルマ。

 

店を経営しているとやりたいことはいくらでもあります。しかし、時間は有限です。振り返ると、これら三つのやらないことの決断が飯田屋に繁盛と、互いが助けあう職場環境をもたらしました。

 

一つ目の「料理道具以外の品揃え」をやめた理由は、客観的な視点で見たときに何を扱う専門店なのかわからなくなるからです。

 

「何を買っていいのかわからない」
「欲しいものが何もない」

 

こんなお客様の声ばかりが聞こえてきました。

 

初めは「こんなにもたくさんの商品が揃っているのに!? 何もないわけがない!」

 

と、今思えば自分勝手な憤りをおぼえてばかりでした。しかし、なんでも揃っているからこそ、欲しいものが見つからないことがあります。

 

わかりやすさは、人を惹きつける絶大な力を持っています。専門店の強みは、一瞬でお客様に伝えられるわかりやすさにあります。

 

一にわかりやすさ、二にわかりやすさ、三にもわかりやすさが大切です。極端なくらいに表現して、初めて人は「△△の専門店なのね」と認識してくれます。

 

飯田屋では、料理道具以外は取り扱わないと強い意志表明をしています。あれもこれもと欲張れば、日々の小さな売上をつくれるかもしれません。けれど、そこはぐっと耐えて「料理道具の専門店です」と胸を張って言いきれるわかりやすさを大切にしました。

 

二つ目の「価格競争」をやめた理由は、かつてはレジ前がいつもお客様との戦いの場になっていたからです。

 

金額で他社を出し抜いて取引が成立した場合、そのお客様の顔には決まって笑顔がありませんでした。価格で呼び込んだお客様とは、数字のお付き合いしかできません。

 

もっと笑顔あふれる商売をしたいと考えたとき、価格競争からの離脱は必然でした。どんなお客様にも一切の値引きをしません。親族であっても友人であっても、恩人であっても例外はありません。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

株式会社飯田代表取締役社長

大正元年(1912年)に東京・かっぱ橋で創業の老舗料理道具専門店「飯田屋」6代目。料理道具をこよなく愛する料理道具の申し子。TBS「マツコの知らない世界」やNHK「あさイチ」、日本テレビ「ヒルナンデス!」など多数のメディアで道具を伝える料理道具の伝道師としても活躍。自身が仕入れを行う道具は必ず前もって使ってみるという絶対的なポリシーを持ち、日々世界中の料理人を喜ばせるために活動している。監修書に『人生が変わる料理道具』(枻出版社)。2018年、東京商工会議所「第16回 勇気ある経営大賞」優秀賞受賞。

著者紹介

連載浅草かっぱ橋商店街で営業方針は「売るな」で大繁盛

※本連載は飯田結太氏の著書『浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟』(プレジデント社)を抜粋し、再編集したものです。

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

飯田 結太

プレジデント社

効率度外視の「売らない」経営が廃業寸前の老舗を人気店に変えた。 ノルマなし。売上目標なし。営業方針はまさかの「売るな」──型破りの経営で店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成。 廃業の危機に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ