3分でわかる「日本政府は破産しない」ワケ…経済評論家が解説 (※写真はイメージです/PIXTA)

「日本政府は破産する。なぜなら、天文学的な財政赤字を抱え、しかもなお、刻一刻と増え続けているからだ」…この件については、極めて深刻な問題としてたびたびマスコミでも取り上げられ、識者が議論を繰り返しています。白熱したやり取りを見るたび「このままでは大変なことになるのではないか…」と強い不安を覚える方もいると思いますが、どうか安心してください。日本政府は破産しません。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

紙幣を大量印刷しなくても、財産没収しなくても…

日本政府は破産しません。破産しそうになったら日銀に紙幣を印刷させて借金をすべて返済するからです。本稿は以上です…ということではつまらないので、まずは「紙幣の印刷はハイパーインフレを招きかねないので、本稿では考慮しない」という前提にしましょう。

 

日本政府は、破産しそうになったら家計金融資産の半分を没収すれば借金が概ね返済できるので、破産しません…という件についても、実施すれば暴動が起きるでしょうから、本稿では考慮しないことにしましょう。

 

さて、上記を除外してもなお、日本政府は破産しないのだということを以下に示したいと思います。ちなみに、南海トラフ大地震で日本経済自体が破滅するような場合のことは考えないことにしますので、あしからず。

投資家は国債を買う→資金繰りできる→破綻しない

日本人投資家にとって、円建ての資産のなかで最もリスクが小さいのは日本国債です。米国債等を買うと為替リスクを背負うことになるので、日本国債のほうが安全だと考えて、投資家たちは喜んで日本国債を買っているのです。

 

米国政府が破産する確率は日本政府より低いかもしれません。しかし、米国債を購入する際には、米ドルの購入が必要で、為替リスクが存在します。

 

明日に日本政府が破産する可能性は非常に小さいですが、ドル安円高は明日起きるかもしれません。ですから投資家は、日本国債のほうが安全だと考えるわけです(拙稿日本の財政破綻を憂う投資家が、国債を買い続ける納得のワケ』参照)。

 

投資家たちが日本国債を買えば、日本政府は資金繰りに困ることはなく、破産することもないでしょう。

 

ちなみに、ある日突然投資家が日本政府の破産を予想して国債を買わなくなる、という可能性は皆無ではありません。そうなると日本政府は新規国債発行による資金調達ができなくなってしまいますが、それでも大丈夫なのです。

 

国債価格が暴落するとともに円相場が暴落する(猛烈なドル高になる)ので、日本政府が持っている巨額の米ドルを高値で売却し、受け取った円を用いて暴落している国債を買い戻せばいいからです(拙稿『国債価格の暴落が、必ずしも政府の破産に直結しない納得の理由』参照)。

 

ギリシャ政府が破綻したのを目の当たりにして「日本政府も破綻するかも…」という連想が働く読者もいるでしょうが、ギリシャはユーロを使っているので、日本とは事情が違います。

 

ギリシャは経常収支が赤字で外国からの借金に頼っていましたし、ギリシャ人投資家もドイツ国債等を為替リスク無しに買うことができたので、投資家がギリシャ国債を買うインセンティブが乏しかったのです(拙稿『厳しいコロナ禍でも…日本が「ギリシャの軌跡」を辿らないワケ』参照)。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧