国債価格の暴落が、必ずしも政府の破産に直結しない納得の理由

日本政府が抱える巨額の財政赤字が、国内外から危険視されています。日本の破綻を懸念する声は高まるばかりですが、現実問題として、日本国債の暴落はいつ起きてもおかしくないのです。日本政府の破産懸念が高まり、日本国債の売り注文が殺到して国債価格が暴落、その反動で外貨の買い注文が殺到…。しかし、その先には意外なシナリオが想定されます。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「日本国債の暴落」は、いつでも起きる可能性がある!

日本政府は巨額の借金をしているので、いつかは破産すると思っている投資家も多いでしょう。いまのところは投資家たちが日本国債を安心して買っているので何事も起きていませんが、あるとき突然「日本政府が破産する」と多くの投資家が考えたら、一斉に日本国債の売り注文が殺到し、国債価格が暴落するかもしれません。

 

国債の価格は需要と供給の関係で決まりますから、売り注文が激増して買い注文が激減すれば、価格の暴落はいつでも生じ得るわけです。

 

ちなみに、いまのところは投資家たちが安心して日本国債を買っている、という理由については、拙稿『日本の財政破綻を憂う投資家が、国債を買い続ける納得のワケ』を併せてご参照いただければ幸いです。

新規国債が発行できないと、政府が破産するかも

発行済みの国債が暴落するだけなら、持っている投資家が損をするだけで、政府はとくに困らないのですが、問題は、新しく発行する国債を「だれも買ってくれない」ということです。新しく国債が発行できないと、満期になった国債を償還することができず、公務員の給料も払えず、日本政府は破産してしまうかもしれないわけです。

 

「価格が下がると需要が増える」のであればいいのですが、国債の場合は価格が下がると「新しい国債が発行できずに日本政府は破産するのか」と考えて売り注文を出す投資家が多いでしょうから、暴落がさらなる暴落を招くメカニズムが働きかねないのです。

国債暴落→円も暴落→外貨が猛烈に値上がり→そして…

日本国債が暴落するということは、人々が日本政府の破産を予想するということなので、円も同時に暴落するはずです。政府が破産するような国の通貨を持っていたい人はいないでしょうから。

 

日本で生活している日本人でさえも、当面の生活に必要な資金だけは円で持つけれども、老後のための蓄え等々は外貨で持とうとするでしょうから、外貨の買い注文が殺到して外貨が猛烈に値上がりするはずです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!