去年の「マスク欠品」と、現在も継続中の「失われた20年」は同じ理屈で説明できる (※写真はイメージです/PIXTA)

個々人にとっては、自分の利益や安全を担保するための正しい行動も、すべての人が同じことをすると、全体の不利益になることがあります。それを「合成の誤謬」といいます。コロナ禍でのマスク不足は記憶に新しいところですが、じつは株価の暴落、日本の20年以上にわたる長期の景気低迷にも、同じメカニズムが働いていると考えられます。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

みんな「正しく」行動すると、みんな酷い目に…!?

「合成の誤謬」というのは、「みんなが正しいことをすると、みんなが酷い目にあう」という意味の言葉です。ちなみに「正しい」というのは倫理的な意味ではなく、「利己的に自分の利益だけを追求したときに合理的な」という意味です。

 

劇場火災が発生したとします。個々の客にとって正しい行動は、非常口に向かって走ることでしょう。しかし、全員が同じことをすると、非常口で押し合いになり、ほぼ全員が悲惨な目にあうかもしれません。

 

みんなが整列してゆっくり歩けば、非常口で押し合うこともなく、全員の利益になるのですが、それは容易なことではないのです。劇場主が「みなさん、列を作ってゆっくり歩いて下さい」と放送しても、従う人は稀でしょう。なんといっても各人が「正しい」ことをしているわけですから。

 

問題は、誤った噂でも合成の誤謬が生じ得るということです。「火事だ」と誰かが叫んだとすると、本当に火事なのか否か、確認する人は稀でしょうから、みんなが非常口に殺到することになります。確認しているあいだにほかの人が先に非常口に近づいてしまうと、自分の順番が遅れてしまうからです。

 

似たようなことは、さまざまな場面で起こります。新型コロナの流行によってマスクが不足し、その次にはトイレットペーパーの不足が起こりましたが、これも合成の誤謬ですね。みんなが「足りなくなりそうだから、少し多めに確保しておこう」と考えたことで本当に足りなくなり、多くの人が困ったわけです。

 

トイレットペーパーの場合は、工場に在庫があったようですが、それを運ぶトラックが不足していたために、店頭から商品が消え、結果として本当に人々が困る事態に陥った…というのが実情のようですね。

 

こうした経験をすると、人々には「なにかが不足するという噂を聞いたら、急いで多めに買うべきだ」と記憶されますから、次からは似たようなことが、もっと大きな規模で起こるかもしれません。

合成の誤謬は「株価暴落」にも当てはまる

株価の暴落も同様です。株価が暴落するという噂を聞いたとき、人々にとって正しい行動は「株の売り注文を出す」ことですが、全員が売り注文を出すと、買い注文がないために売買が成立せず、値段だけ下がって行って、全員が損をすることになりかねません。

 

もっとも、株価の場合には無限に暴落しつづけることはなく、「さすがに株価は下がりすぎだから、いま買って10年持って入れば儲かるだろう」と考えた人が買うでしょう。そうなると、みんなが「株価は底を打った」と考えて一斉に買うかもしれません。株価が暴落したときに狼狽売りをするのは避けたいですね。

 

株価の暴落とは異なり、たとえば銀行の取り付け騒ぎの場合には、事態の悪化がどこかの時点で止まるとは限りません。「あの銀行が危ない」という噂が広まって、人々が預金の引き出しに殺到すると、金庫の現金が底をつき、それを見た人々が「噂は本当だったらしい」と考えてさらに大勢が押しかけ、本当に倒産してしまう…という可能性もあります。

 

株価の暴落で困るのは当該企業ではなく、株を持っている投資家です。しかし、銀行の取り付け騒ぎで困るのは、当該銀行です。その違いが結果の違い、というわけですね。

 

もっとも、取り付け騒ぎの場合には、日銀が現金輸送車で札束を運んでくれると期待されますので、おそらく大丈夫だとは思いますが。

 

\\12/18開催//
【緊急開催】“小口の好立地不動産投資”で実現する賃貸経営リスクを抑えた「相続対策」講座
シリーズ第6弾「セレサージュ目黒ウェスト」の全貌をいち早く公開!

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!