突然の借地契約解除通知…身ぐるみ剥がされた無知大家の驚愕

経済基盤が安定すると、人は心に余裕を持ち、豊かな人生を送れることを多くの大家を取材して強く感じたという。1万人の大家を取材してきた著者が、サラリーマンの定年後に毎月着実に家賃収入を得ることができる不動産で資産を増やす方法を伝授する。本連載は賃貸不動産オーナー向け経営情報誌「家主と地主」の編集長の永井ゆかり氏の著書『1万人の大家さんの結論!生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門』(プレジデント社)から一部を抜粋、再編集した原稿です。

借地権付き物件は価格が安いがデメリットも

鈴木さんから連絡がないので、その後、どうなったかはわからないと語る不動産会社社長だが、おそらく地主は、都心の好立地なので、底地(借地権の付いている土地)を取り戻せる絶好の機会だと思ったのではないかという。

 

永井ゆかり著『1万人の大家さんの結論! 生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門』(プレジデント社)
永井ゆかり著『1万人の大家さんの結論! 生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門』(プレジデント社)

借地権付き物件の場合、気をつけなくてはいけないのは、契約解除となったら、更地の状態で返さなくてはいけない点だ。鈴木さんは、投資額を丸々損するだけでなく、最悪の場合、解体費用も負担しなくてはいけなくなる。

 

「不動産投資の知識が不足したまま、安易に他人に言われるままに購入したことがトラブルの原因だ」こう話すのは、著書『新米大家VSおんぼろアパート〝赤鬼荘〞——満室までの涙の240日』(ごま書房新社)で家主業の大変さをユーモアを交えつつ紹介した、現在、不動産会社みまもルーム(東京都文京区)の社長を務める渡辺よしゆき氏だ。

 

鈴木さんのようなケースは、あまり多くはないだろうが、「自身で勉強せず、他人に頼って不動産を購入」という話は、本連載で何度も紹介している投資用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の家主と共通している。

 

借地権付き物件は、土地代がかからないため価格は安くなるが、金融機関の融資が付きにくい、借地契約条件によってはリフォームなどに制限がある、売却には地主の承諾が必要、建物が古いため売却先を見つけにくいなど、多くのデメリットがあることも留意しておくべきだろう。

 

再建築不可物件――接道する隣接地を購入できればチャンス到来だが

 

建築基準法上の道路に接していないため、建て替えができない土地を「再建築不可物件」という。当然、資産価値は低く価格も安い。また、再建築不可物件の多くが、建築基準法が制定(1950年)される前の古い建物であるケースが多い。

 

実際、再建築不可の土地とはどのような土地なのか。建築基準法上の道路は、原則として公道など幅4m以上のものだが、4m未満の道路でも、建築基準法上の道路とみなされる場合がある。これらの道路に2m以上接していない土地は、今後、建物を建築できない。地震や台風などの自然災害や火災などにより、建物が半壊、全壊した場合でも建て直しできないため注意が必要だ。

 

ただし、メリットもある。接道している隣接した土地が売りに出る可能性がある場合、売りに出たタイミングで購入すると、建て替え可能な土地を一気に取得することができるのだ。再建築不可の土地は、都心立地でも安く売りに出ているので、接道している土地を時価で購入したとしても、合わせて考えれば安く購入できる可能性が高い。

 

成功のポイントは、一にも二にも事前リサーチだ。初心者がこうした情報もキャッチして再建築不可物件を買うのは相当ハードルが高いかもしれないが、さまざまな知識や情報網を身につけ経験を積んだ上でなら、挑戦しがいのある物件といえるだろう。

 

永井ゆかり
「家主と地主」編集長

 

【7-8月開催のセミナー】

※ 【7/29開催】社会貢献&安定収益「児童発達支援事業」の魅力

 

※ 【7/29開催】高賃料×空室ゼロが続く!防音マンション「ミュージション」の全貌

 

※ 【7/31開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

※ 【7/31開催】安定収益&売却益も狙える「豪・ブリスベン不動産投資」

 

※ 【8/7開催】投資すべき国No.1「フィリピン」日本人向け永住ビザ最新情報

 

※ 【8/7開催】ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」の根拠

 

※ 【8/7開催】今世紀最大のチャンス「エジプト・新首都」不動産投資

 

※ 【8/8開催】実例にみる「高齢者・シニア向け賃貸住宅」成功のヒント

 

※ 【8/22開催】人生100年時代の「ゆとり暮らし」実現化計画

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

「家主と地主」 編集長

1975年、東京都生まれ。日本女子大学卒業。1998年「亀岡大郎取材班グループ」に入社。住宅リフォー ム業界向け新聞、リサイクル業界向け新聞、ベン チャー企業向け雑誌などの記者を経て、賃貸不動産 オーナー向け経営情報誌「家主と地主」編集長、賃貸住宅業界向け新聞「週刊全国賃貸住宅新聞」編集長を歴任し、2004年、全国賃貸住宅新聞社取締役に就任、現在に至る。新聞、雑誌の編集発行の傍ら、家主・地主や不動産会社向けのセミナーでの講演活動を行う。本書が初の著書となる。2児の母。

著者紹介

連載一生お金をチャリンチャリン稼げる「サラリーマン大家」入門

1万人の大家さんの結論! 生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門

1万人の大家さんの結論! 生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門

永井 ゆかり

プレジデント社

ひと昔は、大家さんというと「不労所得が得られる」と言われた。現在は人口が減少し、空室は増え、入居者の層も多様化し、世の中が複雑化したことで、大家の経営の難易度は確実に上がっている。しかし、やり方さえ間違わなけれ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧