ニュータウンっ子はなぜ自分の育った街を好きにならないのか

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は激変している。景気後退が叫ばれ、先行き不透明感が増すなか、日本経済はどうなるか、不動産はどう動くのかに注目が集まっている。本連載は、多くの現場に立ち会ってきた「不動産のプロ」である牧野知弘氏の著書『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)より一部を抜粋し、不動産の現状と近未来を明らかにする。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

企業城下町は工場を取り囲むように街が形成

人はいつ頃から街で生活するようになったのでしょうか。縄文時代においては、人は主に狩猟をして生活をしていました。狩りに出て獲物を追いかけ、石や矢、剣で倒し、食しました。この時代の人は、獲物がいなければ生活はできませんので、獲物を追いかけて住処をどんどん移動していきました。したがってみんなが寄り集まるような「街」は、概念としても存在しないものでした。この時代の働き手の主体は、大きな獲物を捕らえることができる屈強な男性でした。

 

やがて弥生時代になると、大陸から稲作が伝わり、人々は農耕をしながら生活するようになります。農耕は同じ地に留まって稲を育てなければなりません。人々は移動をやめ、農耕に適した地域に住みつき始めました。ただ、耕作地は広く、家と家との間には距離があり、街というものが形成されにくい環境にありました。この時代の有力な働き手はもちろん農民です。農民は屈強ではなくとも我慢強く、自然環境に順応しながら働くことが求められました。

 

ニュータウンで生まれた子どもたちは自分の育った町に愛着がわかないという。(※写真はイメージです/PIXTA)
ニュータウンで生まれた子どもたちは自分の育った町に愛着がわかないという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

奈良時代以降になると農耕から手工業生産が分離されるに従い、人々は農作物や手工業品を交換するために辻や津に集まって物品交換を行なうようになり、貨幣経済を基礎とした商業が発達するようになります。そして人が集まるところには徐々に市などが形成されていきます。商売は一カ所に集まったほうが効率が良いこともあり、街の形成を促したと言えます。主要な働き手としては農民に加えて商人が台頭します。

 

戦国時代以降は城の周辺に家来衆のみならず、鉄砲、刀剣などを造る鍛冶屋、桶屋、畳屋、呉服屋、家具屋などの職人や商人が集まって住むようになり、徐々に街としてのコミュニティーが形成されていきます。

 

街の発達に商業が果たした役割は大きなものがありましたが、明治時代以降、産業革命の影響が日本にも及ぶようになると、主要な働き手として登場するのが工場労働者です。工場労働者は工場という一つの職場が与えられ職場に毎日通うという、いわゆる「通勤」の形態を取るようになります。職場は近いほうが良いに決まっていますから、工場周辺に住みついて生活するようになります。国内には多くの企業城下町がありますが、これらの街にはたいてい大きな工場があり、工場を取り囲むように街が形成されています。

オラガ総研 株式会社 代表取締役

1959年、アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒。ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。2006年、J-REIT(不動産投資信託)の日本コマーシャル投資法人を上場。現在は、オラガ総研株式会社代表取締役としてホテルや不動産のアドバイザリーのほか、市場調査や講演活動を展開。主な著書に『空き家問題』『民泊ビジネス』『業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊』など多数。

著者紹介

連載不動産の動きを観察すれば、日本経済がわかる

不動産で知る日本のこれから

不動産で知る日本のこれから

牧野 知弘

祥伝社新書

極地的な上昇を示す地域がある一方で、地方の地価は下がり続けている。高倍率で瞬時に売れるマンションがある一方で、金を出さねば売れない物件もある。いったい日本はどうなっているのか。 「不動産のプロ」であり、多くの…

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

牧野 知弘

祥伝社新書

不動産が高騰し続けている。 銀座の地価は1980年代のバブル期を上回り、三大都市圏と「札仙広福」(札幌・仙台・広島・福岡)の上昇が著しい。国内外の投資マネーの流入、外国人富裕層の購入を背景に、超大型ビルや再開発の計画…

不動産激変 コロナが変えた日本社会

不動産激変 コロナが変えた日本社会

牧野 知弘

祥伝社新書

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は大激変している。「不動産のプロ」であり、長く現場の動向を観察してきた著者は、そう断言する。いったい、何が変わるのか?たとえば、従来社員一人当たり三坪で計算されて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧