もはや存亡の危機?…でも居酒屋は消滅しないと言える理由

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は激変している。景気後退が叫ばれ、先行き不透明感が増すなか、日本経済はどうなるか、不動産はどう動くのかに注目が集まっている。本連載は、多くの現場に立ち会ってきた「不動産のプロ」である牧野知弘氏の著書『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)より一部を抜粋し、不動産の現状と近未来を明らかにする。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

狭小店舗の居酒屋、バー、ナイトクラブは3蜜

今回のコロナ禍で大きな犠牲を強いられたのが、街中にある居酒屋やバー、ナイトクラブなどの狭小店舗です。これらの店舗はその多くが個人事業主や中小零細法人による経営なので、国や自治体からの休業要請に対しては理屈としては理解できても、多くの店舗が自らの存続問題に直面することになりました。

 

狭小店舗は、コロナ禍で問題となった3密(密閉・密集・密接)のすべてを備えています。

 

コロナ禍で大きな犠牲を強いられたのが、街中にある居酒屋やバーなどの狭小店舗だった。(※写真はイメージです/PIXTA)
コロナ禍で大きな犠牲を強いられたのが、街中にある居酒屋やバーなどの狭小店舗だった。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

たとえば居酒屋。居酒屋の良さは、お客さんたちが肩を触れ合わんばかりにして座り、友人知人や職場の同僚と語り合う。昔話でも人生の悩みでも会社の愚痴でも週末の競馬や野球の話でも、テーマは自由です。馴染みのお店であれば店の大将や女将さんとの掛け合い、客同士が仲良くなって乾杯する、人と人との接点が生まれ盃を酌くみ交わすことで日頃のストレスを解消したり、新たな希望を抱いたりすることができます。

 

東京の新橋などの横丁では、店に入りきらなくなった客はビールケースを逆さまにして路上に並べ、ケースの上にベニヤ板を敷いてテーブルや座席にして飲む。幸せな光景です。できればポスト・コロナの時代にも残り続けてほしいものです。

 

ところが今回のコロナ禍、多くの店舗が休業を余儀なくされました。当初の自粛要請はとりわけ厳しい内容で、開店しているところでも営業は夜の8時まで。しかもアルコール類の提供は午後7時まで。これでは落ち着いて飲むことはできません。さらに多くの会社がテレワークを実施したために街中に主力客であるはずのサラリーマンがいない、という事態に陥りました。

 

ある立ち食いそばチェーンも、繁華街にあって一番の売上を誇っていた店舗に、まったく客の姿がなくなり、チェーン店成績の最下位グループに落ち込むなど驚きの惨状となりました。

 

飲み屋街に繰り出すことができないサラリーマンの間で実験的に行なわれたのが、オンライン飲み会でした。オンライン上で飲み会をやるということに対しては、私のみならず多くの人々が違和感を覚えたはずです。そうした飲み会は若い人やIT系の人がやるものだと思っていたからです。ところがこのコロナ禍では、飲みに行けないので致し方なくオンライン飲み会をやってみることになったというのが実態でしょう。

オラガ総研 株式会社 代表取締役

1959年、アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒。ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。2006年、J-REIT(不動産投資信託)の日本コマーシャル投資法人を上場。現在は、オラガ総研株式会社代表取締役としてホテルや不動産のアドバイザリーのほか、市場調査や講演活動を展開。主な著書に『空き家問題』『民泊ビジネス』『業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊』など多数。

著者紹介

連載不動産の動きを観察すれば、日本経済がわかる

不動産で知る日本のこれから

不動産で知る日本のこれから

牧野 知弘

祥伝社新書

極地的な上昇を示す地域がある一方で、地方の地価は下がり続けている。高倍率で瞬時に売れるマンションがある一方で、金を出さねば売れない物件もある。いったい日本はどうなっているのか。 「不動産のプロ」であり、多くの…

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

牧野 知弘

祥伝社新書

不動産が高騰し続けている。 銀座の地価は1980年代のバブル期を上回り、三大都市圏と「札仙広福」(札幌・仙台・広島・福岡)の上昇が著しい。国内外の投資マネーの流入、外国人富裕層の購入を背景に、超大型ビルや再開発の計画…

不動産激変 コロナが変えた日本社会

不動産激変 コロナが変えた日本社会

牧野 知弘

祥伝社新書

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は大激変している。「不動産のプロ」であり、長く現場の動向を観察してきた著者は、そう断言する。いったい、何が変わるのか?たとえば、従来社員一人当たり三坪で計算されて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧