「勤勉・倹約」が美徳の日本人が豊かになれない、本当の理由

副業の解禁や、新型コロナウイルスによる在宅勤務の普及など、我々の働き方は大きく変わろうとしています。一方、新しいお金との付き合い方について、投資からの所得(不労所得)に未だにネガティブなイメージを持つ日本人は少なくありません。インベスコ・アセット・マネジメント株式会社・グローバル資産形成研究所所長の加藤航介氏は不労所得を得る投資とは「選挙やボランティア活動などと同様に、豊かな社会にとって必要な活動」と述べています。今回は、社会を豊かにする「働き方・お金の使い方」について解説します。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

世のなかを豊かにする社会参加について考える

私たちがお金の投資という社会参加を行い、それによる収入を長期で得ることは、「働かずしてお金を得る(不労所得)」という後ろめたいものではなく、選挙やボランティア活動などと同様に、豊かな社会にとって大事なものです。今回は、「働く」という切り口を踏まえて、以下のマインド・シフトをご紹介いたします。

 

今までのマインド:
世のなかを豊かにする社会参加には、一つの正解がある

新しいマインド:
世のなかを豊かにする社会参加の正解は、時代によって大きく異なる

 

「働くことによる社会参加」と、「お金を使うことによる社会参加」は、いつの時代でも大切です。ただし、時代(特に経済の発展ステージ)によって、社会を豊かにしていくために求められる社会参加の姿は大きく異なります。

 

まず、「働くことによる社会参加」から考えてみましょう。

 

昔、日本が世界に追いつけ追い越せというステージにあった頃は、生活におけるモノやサービスが常に不足している状態にありました(供給<需要)。このような時代は、皆ががむしゃらに長時間働き、モノやサービスをできる限り多く生産し、社会に足りないものを埋めていくことが、社会をより豊かにする近道でした。

 

「24時間働けますか!?」のような言葉が昔流行りましたが、まさにそれが社会のために正しい行動であったと思います。

「働きすぎ」が、社会の豊かさを失わせてしまうかも…

一方で、既に先進国となった社会において、多くの人が長時間働き、供給が過剰な状態が続くとどうなるでしょうか?

 

社会全体でモノやサービスの生産を増やし過ぎることは、農業でたとえると、「豊作貧乏」(豊作のため農作物の価格が下落し、農家の収入が減ってしまうこと)の状態を作ってしまいます(需要<供給)。

 

つまり、社会全体が働きすぎの状態が続くと、企業間の過当競争が生み出され、物価が下がり、さらには多くの人の給料が下がり、最終的には社会の豊かさが失われてしまうことにもなりかねません。少子高齢化や人口減少が進めば、なおのことです。

 

すでに先進国となった社会を豊かにするためには、イノベーション(つまり新しいアイデアや発明)による利便性や生産性の向上が求められます。現代の日本における私たちの「働き方」においては、これまで社会の生産量の増大に費やされていた時間を生涯学習や副業に向け、個々人がより幅広い知識や経験を蓄積し、柔軟で幅広い発想を持てる状態をつくることが重要です。なぜなら、社会を豊かにする新しいアイデアのタネとは、毎日の日常ではなく、非日常に埋もれているからです。

 

【3月開催のセミナー】

 

【3/2開催】1000万円ゴールドコーストホテルオーナーになる!」方法

 

【3/2開催】社会貢献安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力

 

【3/6開催】800万円台~!好調続くアメリカ不動産の穴場「戸建て不動産投資

 

【3/6開催】低リスク高利回り!失敗なし驚異の「東京・好立地×新築一棟投資

 

【3/6開催】投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

 

【3/7開催】カリスマ医学部予備校講師 講演会「一年で医学部合格するための戦略」

 

【3/7開催】ジャルコの「ソーシャルレンディング」はなぜ「安全・安心」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【広告主様向けセミナー】

 

【3/1開催】富裕層専門メディアの「データ」を活用したマーケティングセミナー

 

インベスコ・アセット・マネジメント株式会社 グローバル資産形成研究所 所長

幼少より、両親の影響から「世の中のしくみ」や「日本と世界の違い」について興味を持つ。大手日系資産運用会社にて日本株式アナリストとしてキャリアをスタート、その後、世界株式アナリスト、世界株式ファンドマネージャー、プロダクトマネージャーなどに従事し、資産運用業一筋20年。「投資の本質」を考えながら約10年間をロンドン、ニューヨークで過ごし、米州、欧州、アジアなど世界約30ケ国を訪れての経済・企業調査を実施。グローバル視点での社会のしくみ、世界の人々の多様なライフスタイルや幸せへの価値観について、豊富な知識を持つ。2015年1月、インベスコに入社、2020年2月より現職。米国コロンビア大学MBA(経営学修士)修了。米国公認会計士、ファイナンシャル・プランナー、証券アナリスト試験に合格(公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員)。一般社団法人 投資信託協会「すべての人に世界の成長を届ける研究会」客員研究員。「実経験が大切、顧客とは同じ船に乗る」との考えから、自らもグローバルな資産運用を行う投資家でもある。

著書に、お金と投資の付き合い方の本「世界を見てきた投資のプロが 新入社員にこっそり教えている 驚くほどシンプルで一生使える 投資の極意」がある。

 グローバル資産研究所ホームページ


http://www.invesco.co.jp/Institute_Global_Investment_Learning/index.html

著者紹介

連載インベスコ・グローバル資産形成研究所レポート「100年時代のお金について考える」

※本記事は、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社のインベスコ グローバル資産形成研究所レポート「100年時代のお金について考える」Vol.7として公開されたものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧