書籍詳細

『海外取引の成否は「契約」で9割決まる』

海外取引の成否は「契約」で9割決まる

菊地 正登

出版社名:幻冬舎メディアコンサルティング

発行年月:2018年12月

経済のグローバル化が進展した昨今、ビジネスにおける海外取引は増加の一途を辿っています。
こうして海外現地での事業や海外企業との取引が増えるにしたがって高まるのが、法務リスク。
海外マーケットにビジネスチャンスを見出す日本企業の経営者は、法務リスクによって利益を損なうことを可能な限り回避する必要があります。
契約についての考え方と具体的な契約のポイントをわかりやすく解説する一冊です。

片山法律会計事務所
弁護士

2001年、早稲田大学法学部卒業、2003年に弁護士登録。2009年に渡英。University of Southampton LL.M.(法学修士)コースワークに参加し、英米法、比較知的財産法、コーポレートガバナンスなどを学ぶ。2010年には法律事務所Hill Dickinson LLP(ロンドン)にて勤務研修を経験する。2012年に帰国。2017年、片山智裕弁護士とともに片山法律会計事務所を設立。豊富な海外経験を活かし、英文契約書の作成・リーガルチェック・翻訳、海外展開のアドバイザリー業務など、国際的なビジネスを展開する企業の法務をサポートしている。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧