[連載]「本」は死んだか?――今どきの出版事情

新型コロナウイルスの感染拡大で日本人の働き方が大きく変わった。東京都の外出自粛要請に始まり、政府の緊急事態宣言が出され、多くの企業でオフィスワークを在宅勤務に切り替えるなど対応に追われた。出版業界も例外ではない。出版社もリモートワークが始まり、新しい働き方が模索されている。通勤するサラリーマンが減ったため、都心部の大型書店は休業を余儀なくされた。出版業界も撃沈かと思われたが、実はいろいろなことが起こっていた。新型コロナ禍の出版事情をレポートする。

本連載の著者紹介

フリーライター

1952年、神奈川県生まれ。明治大学卒。企業広報誌等の編集を経てフリーライターとして独立。著書に『改築上手―「心地いい家」のヒント52―』(新潮新書)、『二十年後―くらしの未来図―』(新潮新書)ほか。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧