[連載]エネルギー戦国時代を制する「プロパンガス事業」――その強みと可能性

都市ガスの小売自由化で電力会社や新規参入企業がエネルギー業界に進出し、利用者が減少傾向にあるプロパンガス。本連載では、「エネルギー戦国時代」と言われる環境下において、プロパンガスが今後の業界をリードしていく存在となりうる理由とともに、プロパンガスの特徴や優位性等について紹介します。

本連載の著者紹介

名古屋プロパン瓦斯株式会社 代表取締役社長

1960年、愛知県小牧市生まれ。
1983年、明治大学政治経済学部経済学科を卒業後、名古屋プロパン瓦斯株式会社に入社。同年、取締役に就任。経営に携わる一方、現場でプロパンガスの基礎を学ぶ。その後専務取締役を経て1998年、代表取締役社長に就任。
社長就任当初からトータルエネルギーサプライヤーへと成長させるべく、プロパンガスを効率よく暮らしに取り込むためのリフォーム事業や、プロパンガスと太陽光エネルギーを組み合わせる提案など、エネルギーを活用した幅広いビジネスを手がける。現在では東海3県(愛知・岐阜・三重)のほか、長野県や和歌山県にもネットワークを広げている。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧