(※写真はイメージです/PIXTA)

ベトナムの現地メディア『Viet Nam News』より、ベトナム文化や社会における特に経済・金融に関する事象を多角的に分析・解説した記事を厳選。翻訳・編集してお伝えする。

ベトナム・ドンの行方

ベトナムが世界経済の逆風を乗り越える中、ベトナム国家銀行(SBV)が取り組む複雑な課題は、経済成長を支援しながら為替レートの相対的な安定を維持することであり、ベトナム経済政策の優先事項となっている。

 

2011年初頭にベトナム・ドンが米ドルに対して9.3%下落した後、外国為替市場は大きな変動もなく徐々に安定してきた。この成果は、中央銀行の金融引き締め政策、米ドルよりもベトナム・ドンに有利な預金金利の引き上げ、外貨借入資格の制限、外貨準備の増加などの措置のおかげである。それ以来、ベトナム・ドンの年間減価率は一般に2%未満であった。

 

しかし、2022年秋には高インフレや米FRBによるインフレ抑制のためのドル金利引き上げといった外的要因が為替相場に圧力をかけ、金融市場は動揺した。そのため、ベトナム国家銀行(SBV)は主要政策金利を2回、合計200ベーシスポイント引き上げた。

 

2022年末にSBVが為替介入を縮小したため、ベトナム・ドンは一時的に9%近く下落したが、政策金利の引き上げによって圧力は緩和した。2023年末には、ベトナム・ドンは前年比3%未満の下落にとどまった。2023年3月以降、マクロ経済と金融の安定が回復すると、SBVは低迷する経済活動を支えるために主要政策金利を0.5~2%の範囲で4回引き下げた。為替レートは安定し、2023年には小幅ながら外貨準備の蓄積が再開された。

 

しかし、過去1~2ヵ月間で外国為替市場は大きな変動に見舞われた。特に、ベトナム・ドンは4月末までに4.9%下落し、年初に専門家やアナリストが予想していた1~3%の下落率を大幅に上回った。この下落は、世界的要因と国内的要因が重なったためと考えられる。

FRBの金融引き締めと国内経済の影響

まず、対外的要因として、米国のインフレが依然として冷え込みが鈍いため、FRB(連邦準備制度)は金融引き締めを継続している。FRBは今年、主要金利を3回引き下げる予定だったが、具体的な緩和時期はまだ決まっていない。FRBは近い将来、基準金利の引き下げペースと幅を縮小するとの見方があり、米ドル高は続いている。米ドル高により、ベトナム・ドンを含む世界中の多くの国の通貨が下落した。

 

国内的には、信用の伸び悩みによるベトナム・ドンの過剰流動性が問題となっている。インターバンク市場では、ベトナム・ドンと米ドルの金利差が拡大し、ベトナム・ドンの金利が低く、米ドルの金利が高くなっている。ベトナム・ドン建てローンのインターバンク金利が0%近くまで引き下げられた一方、米ドル建てローンの金利は5%まで引き上げられた時期もある。

 

さらに、現地企業は増加する注文に対応するため、生産に必要な原材料をより多く輸入する必要がある。また、海外直接投資(FDI)企業も利益を自国に送金しているため、外貨需要が急増している。

 

ビナキャピタルのエコノミストが指摘するように、今年4月26日時点で金価格が今年16%(2022年後半からは30%)も急騰していることも、VND/USD為替レートに大きな圧力をかけている。

 

商業銀行が維持するベトナム・ドン預金の低金利は、ベトナム人がより高いリターンを求めて他の金融投資機関を利用する原因にもなっている。さらに、国際的な金価格の上昇により、金購入への関心が高まっている。この傾向は最終的に、金を輸入するために米ドルを購入すること(密輸を含む)を意味し、米ドル高を助長する。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページドン安が意味すること

この記事は、THE GOLD ONLINE(ゴールドオンライン)が提携するベトナムのメディア『Viet Nam News』が2024年5月7日に掲載した記事「Is Vietnamese đồng’s depreciation worth worrying?」を翻訳・編集したものです。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録