ビンズオン省におけるワンワールド都市圏プロジェクト開発における協力協定の調印式(VNA/VNS 写真)

ベトナムの現地メディア『Viet Nam News』より、ベトナム文化や社会における特に経済・金融に関する事象を多角的に分析・解説した記事を厳選。翻訳・編集してお伝えする。

日本企業3社が株式における「49%」を占める

4月17日、南部ビンズオン省の「ワン・ワールド」都市圏プロジェクトと呼ばれる大規模プロジェクトに参加する日本とベトナムの投資家が、現地で行われたセレモニーで基本承認を受けた。

 

総額10億米ドル(約1,544億8,400万円)を超えるこの大規模なプロジェクトは、ホーチミン市に隣接するトゥアンアン市に約50ヘクタールのクリーン・ランド・ファンドを持つ不動産部門の一つである。

 

日本企業の3社、住友林業グループ、株式会社熊谷組、NTT都市開発株式会社がこのプロジェクトの株式における合計49%を占め、残りはベトナムのパートナーであるキムオアン不動産グループが出資する。 

イオン、5つ星ホテル、インターナショナルスクールなども

このプロジェクトは6つのサブプロジェクトに分かれている。会議・展示センター、イオンショッピングセンター、5つ星ホテル、インターナショナルスクールなどの主要施設が先行して建設される予定だ。

 

ホーチミン市の日本総領事・小野益夫氏は、「大規模都市地域の開発は、持続可能な都市の構築とカーボンニュートラルへの取り組みの支援に貢献する」と述べた。

 

「これらの投資家の共通目標であり最優先事項は、安全で高品質な住宅を提供し、ビンズオン省に大規模複合型ショッピングセンターを共同開発することで、豊かな社会の実現に貢献することである」と同氏は述べた。

 

本プロジェクトは、情報技術や通信、先端環境技術の活用により、持続可能で環境に配慮したビジネスモデルを実現し、豊かな未来を創造し、地域経済の発展に貢献することを目的とする。

 

県人民委員会のヴォー・ヴァン・ミン委員長は、「このプロジェクトがトゥアンアン市と県南部の都市部全体の都市景観を変えるのに役立つ」との信念を表明した。

 

注目のセミナー情報

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

【事業投資】6月6日(木)開催
年利回り換算7%+売却オプション付き!
全契約「想定利回り以上」の実績(過去9年間)
「低リスク」&「安定収益」を実現する
100%投資型「幼児教室・ベビーパークFC投資」

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

■47都道府県「NHK受信料不払いランキング」東京・大阪・沖縄がワーストを爆走

 

この記事は、THE GOLD ONLINE(ゴールドオンライン)が提携するベトナムのメディア『Viet Nam News』が2024年4月18日に掲載した記事「Japanese investors join big real estate project in Bình Dương」を翻訳・編集したものです。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧