(※写真はイメージです/PIXTA)

「記憶力が落ちてきた」「年を取って怒りっぽくなった」など、老化に伴う不安は尽きないもの。例えば、認知症対策として挙げられることの多い「脳トレ」ですが、実際に効果はあるのでしょうか? 本記事では、和田秀樹氏の著書『老化恐怖症』(小学館)から一部抜粋し、認知症対策や起こりやすい悩みに有効な対策を解説します。

「怒りっぽくなった」は老化のサイン

近頃「怒り」の感情が強くなってきたと自覚したら、前頭葉の老化が原因の可能性があるので注意が必要です。もともと怒りっぽい性格など、個性の範疇に括られる場合だけでなく、意欲や感情を司る脳の前頭葉が老化により萎縮することも、「怒りっぽくなる」原因と考えられるからです。

 

まだ会社員など現役で働いている場合は、一時の怒りによる失敗が命取りになることもあるのでさらに注意すべきでしょう。定年後だとしても、怒りに任せて相手に謝罪を強要したり、手でも出してしまったら取り返しのつかない結果になる恐れもあります。

 

昔と違い、防犯カメラが街中や車中などに設置され、手元のスマートフォンで録画や録音が簡単にできる現代では、「怒りの感情を爆発させたほうが負け」かもしれません。

 

大きな個人差はあるとは言え、誰もが歳を重ねれば前頭葉の機能が落ちてきて、湧いてきた怒りを制御する機能が弱まることを知っておくべきだと思います。

 

そのうえで、もし自分が「カッとしやすい」と感じるなら、「アンガーマネジメント」に取り組んでみるのも一つの手かもしれません。

 

「怒り」の感情を上手にコントロールする手段の一つとして知られるようになりましたが、これは「怒らない」ための対策ではなく、自分の「怒り」の内容にきちんと向き合い、その表し方をコントロールして、他者とうまくコミュニケーションをとるために行われるものです。

 

ただ私自身は、前頭葉の老化によって無感動・無表情になっていくことよりも、カッとなった時に素直に怒りの感情が表せる方のほうが、老人性うつや認知症予防の観点からはいいと思いますし、人間的にも魅力的な方が多い印象があります。

 

 

和田 秀樹

精神科医

 

※本記事は『老化恐怖症』(小学館)の一部を抜粋し、THE GOLD ONLINE編集部が本文を一部改変しております。

 

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】5月20日(月)開催
他を圧倒する「高利回り」&「賃料上昇」を実現!
いま、中小企業が取るべき経営戦略
新しい収益基盤を構築する「オフィス投資」の全貌

 

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

■47都道府県「NHK受信料不払いランキング」東京・大阪・沖縄がワーストを爆走

 

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録