歳をとると意識すればするほど「ひっかけ問題」にはまるワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

年齢が上がるにつれて、ひっかけ問題にはまりやすくなります。自分自身は気づいていない「ものの見方やとらえ方の歪みや偏り」があって、影響を受けてしまいます。46歳で社労士試験に挑戦し、50代から実務を経験した佐藤敦規氏が著書『45歳以上の「普通のサラリーマン」が何が起きても70歳まで稼ぎ続けられる方法』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

思い込みからくるひっかけ問題の対策

■資格試験にひっかけ問題が多いわけ

 

資格試験の問題は、正確に暗記さえしていれば解けるものが大半です。では、資格試験が簡単かというとそうとは言い切れない面もあります。

 

地頭のよさを試す思考的な問題がでない代わりに、うっかりすると間違えてしまうひっかけ問題がかなりの割合で出題されるからです。

 

ひっかけ問題とは次のようなパターンの設問です。

 

・主語の入れ替え

〇〇が××に対して~しなければならないという文章です。被保険者を事業主などに入れ替えます。

 

・数字の入れ替え

期間、期日などを入れ替えるものです。よく出題されるのは〇〇以上と〇〇を超えて、〇〇以下と〇〇未満の入れ替えです。

 

・例外の排除

法律や法令では、様々な事情に対応できるよう例外規定を設けています。

 

すべて~ない
必ず~である
一切~ない

 

といった文章により、例外規定を排除しています。上記のような文言が含まれている文章は誤りであることが多いのですが、あえて正解とすることもあります。また文章は正しいのですが( )書きの中の文言が誤っている設問もあります。うっかり( )の中の文言を読み飛ばしてしまうと不正解となってしまいます。

 

なぜひっかけ問題が出題されるかというと理由は、2つあります。

 

1つ目は素直な問題だけですと得点に差がつかないこと。国家試験ともなりますと、問題を作るのは難しいものがあります。特に法律系の資格ともなれば、法改正もありますし、運用面でも判例などによって解釈が変わってくることもあります。

 

したがって問題のバリエーションを増やすのは、容易ではないため、安全策のため過去に出題された論点が出されることが多いですが、同じような問題ですとある程度、学習した受験生であれば正解を選べます。差をつけるため、問題にひねりを加えるのです。

 

 2つ目は、士業の適性を判断する面もある(と思われる)こと。どの仕事にもいえることですが士業の仕事は、特に失敗が許されなく難しい面があります。

 

例えば、宅建士や行政書士の試験は、司法書士や司法試験よりは簡単といえるでしょう。
しかし仕事が簡単かというと決してそうとはいえません。

 

宅建士が担当する住宅の販売にしても、行政書士が担当する各種の許認可にしても、書類の文言の見落としや作成の誤りがあったりすると、大問題につながる恐れがあります。何十回やった手続きであれ、慎重に見直す必要があるのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】2/16(木) 開催決定
東京23区・駅近投資で資産防衛・相続対策!
高い資産価値を維持する「新築一棟賃貸マンション」
開業医のための「個人資産の増やし方」セミナー 詳しくコチラ>>>

あなたにオススメのセミナー

    社会保険労務士

    中央大学文学部卒業後は、印刷業界などを中心に転職を繰り返す。46歳から知識ゼロの状態で社会保険労務士の勉強を始め、50歳目前で合格。三井住友海上あいおい生命保険を経て、現在では社会保険労務士法人に勤務。法人企業の助成金の申請代行や賃金制度の作成に携わっている。社会保険労務士としての活動以外にも、「マネー現代」「ダイヤモンドオンライン」「プレジデント」などのウェブメディアや雑誌の記事を執筆。エン・ジャパンなどが主催するセミナー講師としても登壇している。
    著書に、『おじさんは、地味な資格で稼いでく。』(クロスメディア・パブリッシング)『「働き方改革」対応・助成金 実務のポイント』(同友館)、近著に『45歳以上の「普通のサラリーマン」が何が起きても70歳まで稼ぎ続けられる方法』(日本能率協会マネジメントセンター)などがある。

    著者紹介

    連載脱!「働かないおじさん」45歳からの人生逆転方法

    本連載は佐藤敦規氏の著書『45歳以上の「普通のサラリーマン」が何が起きても70歳まで稼ぎ続けられる方法』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    45歳以上の「普通のサラリーマン」が何が起きても70歳まで稼ぎ続けられる方法

    45歳以上の「普通のサラリーマン」が何が起きても70歳まで稼ぎ続けられる方法

    佐藤 敦規

    日本能率協会マネジメントセンター

    早期退職やリストラという言葉を聞いて、ギクリとした人も多いのではないでしょうか。リストラというと業績が悪い企業が実施するものでしたが、昨今では、高収益を挙げた企業が、さらなる発展を目指すため行うケースもあります…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ