ターゲティング広告とは?低コストで効果の出る4種類の方法 (※写真はイメージです/PIXTA)

従来型のマス広告とは異なり、Web広告の特徴は「効果測定」「コストダウン」「行動促進」「ターゲティング性」などに優れている点です。ターゲティング広告は、従来のマス媒体ではできなかった手法で、少ない広告費で、短期間に効果を出すことができます。コンサルタントの井口嘉則氏が著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【関連記事】自社の経営に取り込め!最新「儲かるビジネスモデル」を学ぶ

ターゲティング広告で効率的に訴求する

一度サイトを訪問したユーザーは、関心層として捉えることができます。このユーザーに対してユーザー属性を調査し、自社のターゲットユーザーであれば、そのユーザーが利用する閲覧サイト等に広告を出すことによって、閲覧頻度を高め、認知度を高めて購入に導く方法があります。これをターゲティング広告と呼びます。

 

ターゲティング広告は、従来のマス媒体ではできなかった手法で、より低コストで確実にユーザーにアプローチすることができます。

 

ターゲティング広告は大きく分けて4種類あります。(1)オーディエンスターゲティング、(2)コンテンツターゲティング、(3)デバイスターゲティング、(4)ジオ(位置情報)ターゲティングです。

 

それぞれの特徴についてみていきましょう

 

(1)オーディエンスターゲティング

 

オーディエンスというのは、英語で視聴者のことで、人に的を絞ったターゲティング手法です。そのターゲティングの仕方は、

 

①属性ターゲティング
年齢、性別、居住地域などのデモグラフィック属性によってターゲットを絞ります。化粧品であれば何歳以上の女性にとか、不動産であれば居住地域で絞る等とかします。

 

②インタレストカテゴリーターゲティングインタレストというのは趣味・嗜好・関心事ということで、スポーツや音楽、服装、料理など、その人の趣味嗜好を判別して「人」に着目してターゲティングする方法です。

 

③サーチターゲティング
サーチとは検索のことで、その人の検索キーワードの検索履歴に基づいてターゲティングを行う手法です。例えばデジカメで検索した人に、デジカメの広告を表示する等します。

 

④リターゲティング
自社サイトやアプリなどの訪問履歴に基づいて、訪問した人をターゲットとする方法です。

 

⑤類似ユーザーターゲティング
企業側が設定したターゲットユーザー像に近いユーザーを探し出して広告を配信する手法です。

 

(2)コンテンツターゲティング

 

ユーザーが検索したサイトの内容(コンテンツ)に近い内容の広告を同じ画面や、他の媒体に表示させる方法です。

 

(3)デバイスターゲティング

 

デバイスとは機器のことなので、パソコンやスマホ、タブレット等ターゲットとなるユーザーが使っている可能性の高いデバイスを選んでターゲティングします。スマホの場合は、OS(Android/iOS)やOSのバージョン等細かい設定ができることもあります。他の広告手法と組み合わせて使われることが多いです。

 

(4)ジオ(位置情報)ターゲティング

 

ジオというのは、位置とか地理という意味で、ユーザーの位置情報に基づいてターゲティングを行う手法で、インターネット広告の種類で紹介したものと同じです。最近飲食店・居酒屋など店舗を営む広告主からの出稿ニーズが高まっています。

 

ポイント
自社・自事業にあったターゲティング手法を選ぶ

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ