オウンドメディアとは?…注目される理由と運営するメリット (※写真はイメージです/PIXTA)

WEBマーケティングが企業のマーケティングにおいて大きな位置を占めてきている状況の中、「オウンドメディア」が注目されています。オウンドメディアとは何か、なぜ注目されているのでしょうか。コンサルタントの井口嘉則氏が著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

オウンドメディアを充実させる

(1)オウンドメディアとは?

 

メディア(媒体)には3種類のメディア(トリプルメディア)あると言われています。

 

①「ペイドメディア」(Paid Media:通常のお金を払って広告を載せる媒体)
②「アーンドメディア」 (Earned Media:顧客やジャーナリスト等が作る企業が購入や所有ができない媒体)
③自社のウェブサイト・ブログ等のオウンドメディア(OwnedMedia:自社で所有しているメディア)

 

オウンドメディアには、自社ウェブサイトやブログ、自社発行の広報誌やパンフレット、カタログ等の企業や組織自らが所有し、消費者に向けて発信する媒体があります。インターネットとそれに関連した技術革新により、企業はユーザーと直接つながるオウンドメディアを持てるようになりました。

 

(2)オウンドメディアが注目される背景

 

①アウトバウンドの広告効果の低下
前項のコンテンツマーケティングで触れたように、インターネットとスマホの普及により、ユーザーは自由に情報を得られるようになり、従来型のアウトバウンド(企業から消費者へ)の広告効果が薄れてきました。

 

②グーグルの検索結果表示方式の変化
インターネット普及初期には、検索結果の上位に表示されることを狙って、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)対策だけのための低品質コンテンツ表示等で、広告効果が低下することとなり、グーグルに対する評価が下がりました。

 

そのためグーグルは、検索結果の表示方式をコンテンツ重視に変えました。それにより、充実したコンテンツ提供が重要となり、オウンドメディアが注目されるようになりました。

 

③ストック型コンテンツ重視へ
SNS等のソーシャルメディアによる情報発信は、かなり一般化してきましたが、フロー型といって、タイムラインに投稿された記事が時間経過で表示されなくなるため、コンテンツが資産として蓄積しにくい面があります。

 

一方、オウンドメディアは、企業のWebサイトなどで蓄積されるストック型であるため、過去のコンテンツもアーカイブとして保存でき、ユーザーが必要に応じて参照することができます。

 

④デバイスの変化
先にみたように、PC普及率よりもスマホ普及率の方が高まり、ユーザーは、通勤などの移動時間中に暇つぶしにコンテンツを読んだり、楽しんだりするようになってきました。

 

ある調査によれば、スマホ利用時間の約40%以上がコンテンツ閲覧に時間を消費しているともいわれています。こうしたユーザーに対してコンテンツ形式で情報提供する手法が有効になってきています。

 

(3)オウンドメディアに必要な一体性、一貫性

 

このようにオウンドメディアが重要視されるようになってきましたが、そうした中で大切なのが、ユーザーに対してどのような情報をどのような形で提供するかということです。ユーザーが欲しい情報がどこにあるのか見つけやすく、かつ評価や購買に繋がるような情報提供が必要になっています。

 

ポイント
重要になったオウンドメディアの整備とコントロール

 

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ